2008年02月27日

必要なことを

目に見えることも、目には見えないことも、
見えやすいことも、見えにくいことも。
必要なことを必要だからと、大事にしていけたら。

080227-01.jpg

(あんまり関係ないですけれど、さっきの仕上げ、基本を思い出させてくれるような、いい黒になりました。)
posted by Metal_NEKO at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イマ、ココ。

080227_2047~01.jpg


普段なら、バーナーやコンロで熱するところを、ストーブの上で。
作業工程が重なったので、何気なく試してみたんですが、工程どうしのタイミングも良いし、仕上がり具合もいい感じです。

夜もふけてきての、この作業、時間も場所も、どこか別のところのような、不思議な懐かしいような感じがしてきます。
posted by Metal_NEKO at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

人事を尽くして天命を待つ

って、こういう気分のことなのかな・・・と、思ったりしています。

080222-01.jpg

続きを読む
posted by Metal_NEKO at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Project : "Form for." | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

感覚

080222_1053~01.jpg

厳密に測らなくても、だいたいこのくらいかな、というような。

シャッターを開け放てば、心地よい暖かさ。
ひとときの、春のような感覚。
posted by Metal_NEKO at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

「丹精という物づくりの勇気」

「丹精で繁盛 〜物づくりの現場を見にゆく」(ちくま新書 瀬戸山 玄:著)を、移動中の電車の中で読み終えて、しばらく余韻にひたってしまいました。
いい本です。凄くいい本なので、いてもたってもいられなくなってしまい、ご紹介を(笑)。



丹精で繁盛 〜物づくりの現場を見にゆく〜 (ちくま新書 693)

「丹精」という言葉、確かに最近はあまり聞かないし、使われなくなったように思います。
「丹精とは『まごころをこめて物事をすること』。」
「受け止める相手の立場を思い、自分から一生懸命に手足を動かして、できる限りを尽くす。丹精こめた物は口にすればおいしく、使えば使うほど体によく馴染む。そうした物を生みだせる人の心の奥行きと行動力を、丹精というのだと、私なりに理解してきた。」
(以下、「太字」部分は、本書より引用)


それに代わって流行語のように使われるようになったのが、「こだわり」という言葉だと、著者の瀬戸山さんはおっしゃられています。
「(こだわりとは)本来、小さな事柄に執着して融通がきかないことをさす。」「こだわりは狭く、丹精は広い。」

これは、自分にとっても、耳の痛い話ですが、そこは余談として。


東京の街の中、世田谷で完全無農薬の有機栽培を行われ、パイオニア的存在として知られる大平農園を最初に紹介しながら、瀬戸山さんが「『丹精』の条件」として挙げられているのが、次の4つです。
1.熟知(作物として野菜の質を熟知している)
2.独創性(大勢をしめるやり方に目を奪われずに本質を求めている)
3.交歓(食べる人の喜ぶ顔が思い浮かべられる)
4.地域重視(何よりも地域を優先して販売している)

グローバリズム化の巨大な波に押し流され、目先の利益にとらわれて、いかに多くのものが失われてきたか。日本中の様々なジャンルで、丹精、という心も言葉も失われつつある背景を、丁寧すぎるくらいに解説しながら、崩壊しかけた物づくりの現場から、新たな活路を見出してきた方々の紹介は、力強い説得力があり、そこに可能性が感じられます。

特に私が、心臓がばくばくするくらい印象深かったのは、造船の金属加工技術で建築の分野に新風を巻き起こした、高橋工業の高橋和志さん。激しい苦悩ともがきの日々、そして情熱的なまでの飽くなき探求から、屈指のカリスマ左官と呼ばれるまでになった、挾土秀平さん。言葉の一言一言すら、圧倒的な存在感を持って、ひしひしと届いてきます。


これからのものづくりに、どう取り組んでいったらいいのか。

厳しい現実や逆境にも向かい合い、苦悩し、もがき。試行錯誤と努力を重ね、失敗も繰り返し。それでも挑戦を繰り返し、新たな活路を見出すものが、未来の可能性を開いていく。
もはやそれは、ものづくりに限らない、生き方そのものでもあるかもしれません。
(ちょうど、茂木健一郎さんの「超一流の仕事脳」でも、「生きる情熱からしかイノベーションは生まれない」という記事がありました。)

この本には、よくあるHow to 本のように、「こうすれば成功する!」なんていう、安易な答えはもちろんありません。(それこそ、小手先のテクニックで、目先の小さな利益に右往左往するようなものかもしれません。)
けれどもきっと、大切にしていきたいものは何かを、それぞれの捉え方で感じられることだと思います。
興味がありましたら、ぜひお勧めします。イチオシの本です。


最後に、後書き前書きが前後してしまいますが、著者の瀬戸山さんの言葉を引用させて頂きます。
「彼らに共通するのは、『つながるよろこび』を生みだす種として、丹精な物づくりを心がけてきた勇気と覚悟である。別な言い方をすれば、『いつまでも、よろしく』という信頼感ではないだろうか。」
「四つの基本(熟知、独創性、交歓、地域重視)と照らして、勇気ある『丹精』が持っている未来への鍵と可能性を再発見してほしい。」



【付記】
日経ビジネスオンラインで紹介されていた書評でこの本を最初に知り、これは!と思って購入し、一気に読みました。ご参考までに、その時の書評はこちらです↓。

日経ビジネスオンライン 毎日1冊!日刊新書レビュー 
 誰のためのものづくりか〜『丹精で繁盛』 瀬戸山玄著(評:朝山実)


posted by Metal_NEKO at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | Craft・Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外出日和

昨日は卒展を見に、六本木へ。

今日はガスの保安講習会とやらで、大宮へ。

あったかいですね〜。バス停で待っていても、ほんわりします。
posted by Metal_NEKO at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

『昨日より今日、今日よりも明日』。

「『昨日より今日、今日よりも明日』。例えわずかでも進化する自分でありたい。」

先日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で紹介されていた、フレンチシェフ、岸田周三さんの言葉。

岸田さんは、33歳。いろいろと感銘を受けるとともに、自分が同い年なんだということに、驚いてしまいました。

前を向けば、遥か先の彼方へと、道は続いていく。
上を仰げば、どこまでも高く、空は広がっていく。

前を見て、上を見て。
ひとつめよりふたつめ。少しずつでも進歩していけるように。
ふたつめよりもみっつめ。より良いものへ進化させられるように。

080218-01.jpg 080218-02.jpg

自分も、自分なりの歩みはちょっと遅いかもしれませんが、少しずつでも、進んで行きたいものです。


【参考・関連ページ】

NHK [プロフェッショナル 仕事の流儀] HP
 2008年2月5日放送 若き求道者、未踏の地へ フレンチシェフ・岸田周三


日経ビジネスオンライン 茂木健一郎の「超一流の仕事脳」
 決断を支える「見極め」の潔さ 〜フレンチ・シェフ 岸田周三〜

posted by Metal_NEKO at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 琴の羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

形見分け

080202-01.jpg 080202-02.jpg

きっと誰が見ても、そこに価値を見出すのは難しいようなもの。
何の変哲もない、昔々に使い古された、ごくごく一般的な日用品。
古道具屋でも扱ってもくれなさそうな、どこの家庭にもありふれていたもの。

でも、自分にとっては、特別な意味を持つもの。
「私にとって、アンティークの価値は、オークションでどれだけの値がつくか、ということではなく、そのものにまつわる思い出の価で決まります。」

自分が、今のこの道を志そうと決めた、きっかけになった言葉。
ことあるごとに引用し、紹介してきた、堀口すみれ子さんのこの言葉の重みを、でも今になってようやく、心から実感しています。


結局、自分が目指していく「もの」づくりとは、それを使ってくれる人が、そこにその人の大切なものを乗せていくことができる「器」づくりのようなものなのだと。


それを、最後に教えてくれたのかもしれません。
posted by Metal_NEKO at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに

080217_1557~01.jpg
いただきます、お汁粉。
posted by Metal_NEKO at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この色は…。

080217_1510~01.jpg

む、むむむ…、この色は…。
posted by Metal_NEKO at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何分間クッキング?

080217_1426~01.jpg

只今、煮込み中です。

鉄を。
posted by Metal_NEKO at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

素材に惚れる

071224-04.jpg


ずっと眠っていた材。
切り出し、磨き上げて現れるその表情には、心を鷲掴みにされてしまいそうな存在感があります。

すっかりこの素材に惚れてしまってからは、何とか使ってみたいと、機会を見つけては挑戦してみるのですが・・・。

080216-01.jpg


ものを作る時。

機能から考える。
形から考える。

そして、素材から考えるものづくり。


ぐるぐるぐるぐる、三角パスを続けるような感じなのですが、機能→形、ときて、素材、で、力強すぎて遥か彼方の場外へ。
今のところ、素材の強さに振り回されっぱなしです。

新品で購入する鋼材は、もっと全然、ニュートラルな感じですけどね。

散々に翻弄されつつも、でも、惚れちゃったからなぁ(笑)。
きちんと向かい合っていったら、いつか答えは見つけられる・・・んでしょうか?
・・・少なくとも、生半可な気持ちでは、答えてくれないことは確かですね。




posted by Metal_NEKO at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

違和感

080213-01.jpg 080213-02.jpg


新しく何かを作ろうとする時、作っている時。
夢の中でも、ずっと考えていることがあります。
明け方に頭は覚めても、目は覚めずに、ずっと考えていることがよくあります。
目は閉じたまま、形を思い描き、どんな構造にしたらいいのか考えて、どうやって作ったらいいのか、手順を辿って。

そうそう、それだ!そうだ!そうしよう!!

そんな風に跳ね起きる目覚めは、本当に気持ちがいい。


・・・でも、いつも、出来上がる頃には、どこかに何かしら、違和感があったりするものです。
確かに一度は見えたように思えたものと、実際に目の前に作り上げたものと。
何かを見つけて目覚めた時の感覚とは、何かが違う感触に戸惑うような。

それは、どこがどう、とも、すぐに言葉で言い表せるようなものでもなく。

まるで、いつもどこにも、完璧なものはないとでも言うように。
そんな、いつでもどこかにありつづける、何とも言いようのない違和感。

でも、ほんのかすかにでも、違和感を感じられたなら、それは一体どこから来るのかと考えられるし、それならどうするか?次は?と、考えていくことができるのかもしれません。

目の前にある実物(現実)を受け止めて、飲み込んで。
確かな答えのない問いを抱いて、確かな答えのない答えを探して、先へと進んでいけるのかもしれません。

posted by Metal_NEKO at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

引き出しを増やして

080210-01.jpg


やってみないと分からないこと、やってみて初めて分かること。
自分の中にはなかったもの。自分だけでは出てこなかったもの。
いろんな人と関りあうことで、自分を越えて引き出されてくるもの。

そういうものが必ずあって、それが次に繋がっていったり、その先へと広がっていったりするのだと思います。

そんな刺激がたくさんあって、何かがどんどん増えていくように、やってみたいこと、作ってみたいものがだんだん増えていく感じが、ここのところ特にしています。

けれども腕(技術)も時間も、まだまだ足りないものだらけのように感じてしまうのは、それこそ努力もまだまだ全然、足りてないからなのでしょうね(反省)。

今年は、実現したい目標が具体的にいくつか定まってきました。
まずは春の目標に向けて。
できることからひとつづつ。
けれど、あまりひとつだけにとらわれてしまわないように。
そうして、できることをひとつ、またひとつ、増やしていけるように。


posted by Metal_NEKO at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

日本装飾美術学校 卒業制作展

前の記事で話がそれてしまい、お知らせを書きそびれたままになってしまいましたが、今年度の卒業制作展、学校が会場となる長野展が、ただ今開催中です。

日本装飾美術学校 第5回 卒業制作展

【長野展】
日時:2008年2月8日(金)〜 10日(日) 10:00 〜 18:00
会場:日本装飾美術学校 工芸館

【東京展】
日時:2008年2月18日(月)〜 20日(水)
   10:00 〜 20:00
   初日は13時から、最終日は入館17時まで
会場:AXISビル 4F ギャラリー


詳しくは、学校HPのinformationをご参照下さい。


私も金曜日に行ってきました。
長野展では、研修生の作品や、一般の方向けの教室の作品、各工房ごとに1つの立方体の空間を装飾する企画展示などもあり、賑やかな感じでした。

機会がございましたら、どうぞご覧頂ければ幸いです。

今日明日と、また雪が降るようですので、お車でお越しの際などは、くれぐれもお気をつけ下さい。

080208-01.jpg 080208-02.jpg 080208-03.jpg

画像は、各工房ごとのCUBE展示の様子です。

posted by Metal_NEKO at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Craft・Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

試行錯誤する時間

そんな訳で、週頭は学校の合評会。
下り坂・上り坂の道がずっと真っ白に雪が残っていて、やっぱり結構神経使います。着いたら、まず自分で雪かきしないと車を止める場所がない、というおまけ付き(笑)。

金属工房、今の二年生が、結構面白いこと考えて作ってしまうので、何を作ってくるんだろう、と、楽しみだったり結構刺激にもなります。
後期に制作していた折り畳み椅子は、稼動部分の構造も自分でしっかり考えているし、その部分のパーツがまた格好良いなぁと思ったり。

つくづく、人(他人)の考えることって面白いなぁ、と思います。
自分からは、あの形は出てこないなぁ。そういうところが面白いし、刺激になりますね。

彼が稼動部分の構造をいろいろ考えて、試作して、試行錯誤しているときに、自分もいろいろ考えてみたんですが、やっぱりあぁいう時間って、大切だなぁと思います。



いろんな種を探してきて、いろんな種を蒔いてみる。

そこから芽が生えてきたり、こなかったり。育ったり、育たなかったり。
どんな花が咲くのか、どんな実がなるのか。探して、試してみなければ、それは分からない。
たくさん探して、たくさん試していくその中に、まだ見つけていない「見つけたいもの」があるかどうかも、誰にも分からない。

でも、「この種をまけば、この花が咲いて、この実がなる」と分かっている種からは、その花しか咲かないし、その実しか実らない。
posted by Metal_NEKO at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川越大師の門札

2月の週頭から、ずいぶんなアクシデントに見舞われてしまいましたが…。

作業場の入り口に厄除けに貼ってある、川越大師の門札

ちょっと日本離れした、宇宙人のような姿ですが、しっかり守ってくれているみたいです。感謝。

posted by Metal_NEKO at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

まさかね

080204_0628~01.jpg
ホントに突っ込んで来るとは…(苦笑)。


以前の使用者の看板に、なので、まぁ大丈夫みたいです。
あ、でも植木が…。父が悲しむかもしれません。

とにかくツルッツルみたいです。どうぞお気をつけください。

で、どうしよう、自分。(^_^;)
朝イチで出るつもりだったんですが。
ん〜…。
posted by Metal_NEKO at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

むむむ…

080203-03.jpg


高速道路など、かなり通行止めになっているようですね。
明日は、学校が年度末の合評会なので、今夜のうちに移動する予定だったんですが…。厳しそうかなぁ…。

あ、全然関係ないですが、ガス溶断。以前、薄板は、せいぜい3ミリくらいまで、と書きましたが、講習に行った時に、薄板を溶断するコツを教えてもらい(偶然耳にし)、1.6ミリでも結構綺麗に溶断できるものなんですね。多少条件付きではありますが。

posted by Metal_NEKO at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結構積もるみたいですね

080203-01.jpg 080203-02.jpg


こっちに来てから、初めてです。しっかり雪が降り積もった景色を見るのは。
最近、相模湖辺りより寒い日が続いているようで、ちょっと意外。

外出される方、どうぞお気をつけて。

うちも、作業場に車が突っ込んできませんように・・・(笑)。

posted by Metal_NEKO at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。