2008年06月29日

節目

6月最初に、「次のステップへ向けて」と書いていた件。

実は、私が「家風」の工房で仕事をするのは、昨日が最後の日、でした。


専門学校を卒業してから、「家風」に住み込みで働き始めて、2年と少し。改めて数えてみると、まだそんなに月日が経っていなかったことに驚いてもしまいます。

最初はずっと、「家風」に住み込みでしたが、自分の作業場を見つけることができてからは、家風Metal NEKOを行き来するようになり、学校へも行くようになってからは、週の間に3ヶ所をぐるぐる巡るようになっていました。
仕事を終えてからの夜遅くの移動には慣れたとはいえ、トラックばかりの夜道をひた走る日々が、実際よりももっと多くの時間や月日を過ごしているような感覚にさせていたのかもしれません。


そうしたこともあり、今後の仕事や生活のペースやサイクルなど、いろいろと考えたうえで、「家風」の工房へ通って作業をするのは、6月いっぱいまで、となりました。ですので、「家風」を完全に辞めてしまった、という訳ではなくて、今後は、Metal NEKOの作業場で、「家風」のパーツを作ったりもする、というスタイルになります。

また、自分の作業場で作業に集中できるので、Metal NEKOとしても、より集中し、フレキシブルに対応できるようにしていきたいと思います。


6月から7月へ。1年の半分の区切りの時に、自分もまた、ひとつの節目を迎えました。
変えていくことには、やはり不安もありますが、それ以上に期待や希望も感じられます。自分なりの新しいペースをつかみ、これからいっそう、挑戦していきたいと思います。

何かのための、誰かのための、ものづくりへ。

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

posted by Metal_NEKO at 23:11| Comment(4) | TrackBack(0) | Kafuなお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

そろそろ佳境

KC3A0001.jpg


難しいことや、困難なことに直面した時。
ほんの一ヶ所のことでも、全体に大きな影響がでるような時。
作業を進めることにためらいが生じて、立ち止まってしまうことも。

でも、そこから踏み出さないと、先には進まない。
歩いていくのも、踏み出すことの繰り返し。
posted by Metal_NEKO at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

自分の心の中に、あるいは、人と人との間に、信じられることを築き上げていくのには、たゆまぬ努力と長い時間が必要なのでしょう。
でもだからこそ、絆や繋がりを、大切にしたい。そう思います。人と人との繋がりや、信頼関係。


生きている、ということは、日々、いろんな人やものに助けられていることだ、と思うことがあります。
大地からは、様々な恵みを分けてもらい、たくさんの生き物の命を頂いて、日々を生きている。
生きていくために、たくさんのものを借りて、生きている間に、いろんなものを返す。その繰り返しの積み重ねが、生きていく事のような気がします。


きっと、同じことなのだと思います。
日々に向かい合い、日々を受け入れていくことも。
日々を慈しみ、日々に感謝することも。
誰かと共に生き、誰かのために生きることも。
自分を生かしてくれている、数多の何ものかのために生きることも。
きっと、同じ心。


大切なものたちと助け合い、大切なものたちを分かち合う。そして、その大切なもの、大切な人達を、少しずつでも広げ、増やし、深めていく。生きていく限り。


悲しすぎて、言葉を失ってしまうような事件や、信じられなくなるような出来事への、ささやかな抵抗。それでも、揺るぎなく、貫き通したいと願う、一本の柱。
posted by Metal_NEKO at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

作ることに限らず

080603-01.jpg


板物の加工には、歪みがつきものです。
叩けば叩くほど、その部分が延びていき、熱すれば膨張し、冷えればまた収縮し・・・。すべてを一度に同じようには加工できないので、延びた箇所とそうでない箇所との差や偏りが積み重なって、あらぬ方向へ歪みが生じてきたりします。材料が大きくなればよけいに。

だからこそ、歪みと向き合い、状況や方向を適切に見極めて、直していくのがポイント・・・なんて、言うのは簡単ですが、やっぱり難しい。ほとんど勘と経験だのみだったりします。



そんなわけで、叩いて曲げていくよりも、叩いて叩いて、平らにまっすぐにしていく方が、ずっと手間だったり難しかったりすることもあります。

だから、複雑にしていくよりも、すっきりと単純にすることの方が、難しい時もありますね。



何気ないように、何でもないように、まっすぐに歩いていくことも、似ているのかもしれませんね。
自分の中にある柱は、曲げてしまわないように。

そんな人に、なりたいものです。

posted by Metal_NEKO at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

季節を感じる

日曜日、ガラスの加倉井先生の作品展を見に行ってきました。
学芸大のグラスホッパーギャラリーさん。

日曜日は、夏日、という感じでしたね。少し暑いくらいの、いい天気。
そんな日にぴったりな感じの、涼しげなガラスの作品。



そういえば、先月には、学校の金属工房で、学生をつれて安曇野のギャラリーに見学に行きました。

明珍宗理(みょうちんむねみち)さんの、火箸風鈴。
透き通るような、澄み渡る音、余韻に、こんなにきれいな音がするんだ!と、ほんと驚きでした。
(sonyのマイクテストに使われていたり、スティービー・ワンダーが楽曲で使用したりもしたそうです。)



季節を感じることのできるもの。季節に合うもの。
素材、形、色、用途・・・、音。
自分も、そういったものも、少しずつ考えていきたいですね。


【明珍宗理さんの紹介記事】
 匠の技|明珍火箸風鈴|日本の伝統ある動画・伝統工芸

 ものづくりの匠たち
posted by Metal_NEKO at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Craft・Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

次のステップに向けて

更新しようしようと思いつつも、長々とご無沙汰してしまい、すみません。

OZONEでのイベントを終えてからすぐに、打ち合わせや新たな制作へと、張り切って取り組んでいるうちに、あっという間に、6月になってしまいました。

おかげさまで、Metal NEKOの作業場も、今年の夏か秋頃までは、当面の間、フル稼働になりそうな気配です。


いろいろと書きたいこと、ご報告したいこと、UPしたいことなど、いろいろとあったんですが、更新の間が空いてしまいました。
それは、何となくですが、今はまた、自分なりのペースやスタイルを新しく組み変えていっている最中だからなのかもしれないな、と感じています。

今年の夏には、また少し、ひとつの区切りをつけ、気持ちの上でも、もう一歩、踏み出していく予定です。Metal NEKOの開業がステップ1、ステップ2がForm for.の企画なら、今年の夏はステップ3へ・・・という気持ちでしょうか。
また、その時が来たら、改めてご報告したいと思います。


Blogはまたもう少し、気軽な感じで更新していければとも思いますので、また気長にお付き合い頂けましたら幸いです。
どうぞ宜しく、お願いいたします。


遅まきながら、イベントの際の画像を、いくつかご紹介しておきます。

Formfor0805-01.jpg

Formfor0805-02.jpg Formfor0805-06.jpg

Formfor0805-04.jpg Formfor0805-05.jpg

posted by Metal_NEKO at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。