2008年07月31日

必要とすること

おぉ〜、7月も最終日ですね。相変わらず、あっという間です。
7月は、納品ラッシュ、という感じでした。

この状況は、まだもうしばらく続きそうです。
いろんなことが同時進行だと、ますますスケジュール管理、しっかりしないと・・・、と、引き続き気を引き締めて、月締め&新しい月を迎えようと思います。


次の仕事で、ちょっと急ぎでデザイン案を考えることになり、どうしても絵柄が必要になったので、ひさびさにデッサンしました。いや〜、学校の時以来?もうすっかり忘れてしまっていて、勘を取り戻すまでに、半日くらい延々と書き続けてしまいました・・・。
さて、うまくレイアウトできるといいんですが・・・。


忘れてしまわないためや、失ってしまわないようにするために、必要とし、されることって、とても大切なことなんだな、と思ったのが、最近読んだ、こちらの本(ちょっと話の流れが強引?)。↓



日本鍛冶紀行―鉄の匠を訪ね歩く (ワールド・ムック (633))

打刃物や農具を作り続け、産業や生活を昔から支えてきた全国の鍛冶屋さん。作業場の様子や業物の道具たち、鍛冶屋さんたちの言葉の端々から、圧倒されるようなオーラがびしびしと感じられます。
今、次第に失われつつある姿を、日本全国訪ね歩いて記録した、最近イチオシの本です。

posted by Metal_NEKO at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

表出

080727-02.jpg

変わらないものと、変わりゆくものと。
追い求める心と、受け入れる心と。
そのバランス。


posted by Metal_NEKO at 19:39| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

実習内容

学校の方は、今週で前期の授業は終わりで、後は期末の合評会を残すのみになりました。いつものことながら、早いものですね〜。

080715-01.jpg


学校では、主に「工房交流」という実習を担当しています。一年生のうちに、自分の専攻以外の工房をひととおり回って、基礎的な実習を受けるというものです。

1年生のうちは、特に金属工房は、なかなか具体的にイメージしてもらえにくいような気がします。でも、学年が上がるにつれて、各自の作品に合わせてフレームやスタンドを作ったり、卒展などでも展示台や什器などを作る学生も多いので、「制作したい」と思ったときに、少しでも役立てられるように、という内容にしました。

080715-04.jpg


金属工芸全般についてや、鉄を含めた様々な金属の特性などの座学から始めて、鉄を加工する一番基本的なところを、ざっとひととおり。切断や研磨、フラットバーと棒材、板材それぞれでのハンマーワークや加工。特に溶接や塗装仕上げなどでは、また座学を織り込みながら。
何よりもまず、機械や道具を安全かつ適切に取り扱えるように学んでほしい、ということが一番の目的でした。

080715-02.jpg 080715-03.jpg

続きを読む
posted by Metal_NEKO at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

急転

080725-01.jpg


40℃超えの熱気が、一気に吹き飛んでいきます。冷気の嵐。
posted by Metal_NEKO at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

繋ぐ

080723-01.jpg


途切れてしまわないように


posted by Metal_NEKO at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

納得がいかなかったら

錆び付け鉄板の仕上げ、一旦は作業終了まで行ったんですが・・・。

・・・。

違う。


錆び付けた下地と、仕上げとの相性が悪いらしく、イメージとはだいぶ違うものになってしまいました。
どうしても納得のゆく仕上がりではないので、やり直すことに。

たまたま、以前から、試してみたらどうだろうと考えていた別の仕上げ方法があって、試しに引っ張り出してきてやってみたら、あぁ、うん、これならいいかも。

失敗と試行錯誤が、自分なりの新しいやり方を見つけさせてくれるのかもしれません。

とはいえ、まだまだ、試行錯誤の連続&真っ最中です(苦笑)。


posted by Metal_NEKO at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

支え

今日はどうも、車も多いし家族連れが多いなぁ、と思っていたら、連休で、しかも学校はもう夏休み!なんですね。
そんなことを、渋滞にはまりつつ思い出しながら、今日は納品に行ってきました。

080720-04.jpg


お客様が、10年近く使われてきた木のテーブル。もともとは、韓国の民家で、餅を作る時に使われていたものなのだそうです。とても愛着があり、気に入っていらっしゃるテーブルを、より使いやすい高さにしたいとのご依頼を頂き、テーブルの足の部分を制作しました。

080720-01.jpg 080720-02.jpg

お客様の希望を形にする仕事。喜んで頂けた時が、やはり自分にとっても一番嬉しく、幸せな時です。
そして、お客様がその「もの」と共に重ねられてきた豊かな時が、これからまた末永く、新たな彩りを重ねて続いていくことを願って。何かその支えとなれるような、控えめな手助けとなれるような。そんなものづくりを、自分の中で、もうひとつの大切な仕事の柱として、目指していくことができれば、と、改めて思います。

080720-03.jpg



続きを読む
posted by Metal_NEKO at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

錆び付け

鉄の錆びた表情がいい、と言ってくださる方に出会えると、とても嬉しくなります。

080719-01.jpg

そんな訳で、OZONEでのイベントが終わった直後から、「錆びた鉄板」を作っていたりもしました。
錆にも、「天然もの」と「養殖もの」と、なんて、言えるのかもしれませんね。実際に日々世話を(?)していると、「作る」、というよりも、「育てる」という方が、何となくしっくりするような気がしてきます。手塩に掛けて育てていると、結構短期間でも、いい錆の肌具合になってくれるようです。


080518-01.jpg 080518-02.jpg
080608-01.jpg 080705-01.jpg

こちらも、仕上げ作業に入りました。
そろそろお届けできるように・・・。

続きを読む
posted by Metal_NEKO at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

バウハウス・デッサウ展、と。

前々から、ぜひ見に行きたい!と思っていた展覧会。

「バウハウス・デッサウ展」、昨日ようやく行ってきました。

本でよく見ていた椅子や家具など、実物を見ることができて、や〜、良かったです。
作り方とか細部の構造だとか、素材感や仕上げなど、え!そんなふうだったの?!というのもあったりして、ある意味、結構衝撃でした。
あの時代に、もしプラスチックなどの新素材が幅広く使われていたとしたら、主要な材料として使われていたかもしれないなぁ、と、ふと思ったりもしました。ペンキのぺったりとしたカラーリングや仕上げ感から、そんな気がしたのかもしれません。

様々な工房の制作を、建築に統合していく。
何らかの活動のための空間。生活のための空間。
「あらゆる造形活動の最終目標は建築である」との、創始者のヴァルター・グロピウスの言葉を、改めて感じました。

続きを読む
posted by Metal_NEKO at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

適応

080713-01.jpg 080713-02.jpg

暑い日が続きますね。
「サマータイム(?)」、導入しといて良かったです。

午前中は、ほんといい感じなんですけれどね〜。
今日も、「あれ?意外と今日は涼しいじゃん」と思えるくらいだったんですが・・・。やっぱり、11時ぐらいから急激に気温が上がってきて、厳しくなります。風もやんで、空気も動かなくなってしまうようで。
体感的にですが、急激な温度上昇には、体が一時的についていけなくなるみたいですね。

皆様も、熱中症や夏バテには、くれぐれもお気をつけて下さい。


あ、日が翳って、だいぶ和らいできたみたいです。
そろそろ、午後の部、始めますか。

posted by Metal_NEKO at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

幸福な関係

長い間、大事に使われてきたもの。
愛着を持って、大切に使い込まれてきたもの。

「人」と「もの」との幸福な関係が伝わってくるような、そうしたものに出会えると、うらやましくなるくらい嬉しさを感じたりします。


「直す」という仕事。
壊れたパーツを作り直したり、メンテナンスを施して、また長く持つようにしたり。
手直しをしたり、何かを付け加えたりして、新たな用途へと蘇らせたり。

存在と関係に敬意を払い、続いてきた関係を壊してしまわないように、控えめに手を加える。


そんな仕事が偶然続いていて、そんな「ものづくり」も、自分の中で大切にしたいなぁ、と。

「新しく作る」ことに、こだわらない「ものづくり」のあり方について、ふと、思いをめぐらせてみたりします。

posted by Metal_NEKO at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

スタイル

変わりゆくものごとは、移ろう季節のように受け入れて、
自ら変えられることは、自らの意思を持って変えていく。
そうして残っていくものは、もうどこも変える必要がないもの。
変わらない、大切なものが、きちんと残る。

090707-01.jpg


続きを読む
posted by Metal_NEKO at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

器と心

先ほどの記事ですが、「ピース」、という言葉は、あまり適していなかったかもしれませんね。


誰かや何かのために作る時。

作り手の自分は、たとえどんなに心をこめたとしても、作ることができるのは、「使われる前のもの」。
その「器」に、一番大切なものを込めていくのは、使う人や、使われる場所に他なりません。

使う人や場所によって、込められる一番大切なもの。
それは、「使われていくもの」としての「心」や「魂」というべきなのかもしれません。


posted by Metal_NEKO at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のピース

作業場での作業をすべてやり終えてから、納品や施工の直前までが、実は一番心が落ち着かない時だったりします。

それは、どれほど作り上げても、どれほど経験を重ねても、作り手の自分では、最後まで決してはめ込むことのできないピースがあるからなのでしょう。

080706-01.jpg 080706-02.jpg

誰かのための、何かのためのものづくり。

その場所で。お客様が。
最後にはめ込まれる、一番大切なピース。
その瞬間。そして、そこから始まるもの。


そこからが、作り手にとって、一番幸せなとき。
これからも、ずっとそうでありたいと、しみじみ思います。

それが、自分のスタイル、と言えるのであれば、とも。


続きを読む
posted by Metal_NEKO at 19:07| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

理屈と感覚

080623-01.jpg 080630-01.jpg

頭で理解する理屈の部分と、体で理解する感覚の部分。

知識や経験を積み重ね、試行錯誤を繰り返し、自分の中に蓄積してきたいろんなものが、突然のように、ひとつにつながる瞬間。
ほんの少し、何かを掴めたような。ようやく何かを学べたような。

そんな瞬間を、また積み重ね、蓄積していく。

次へ、その先へ、ひとつに繋がっていく。


続きを読む
posted by Metal_NEKO at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。