2008年10月31日

ものの気配

081030-01.jpg

ロボット製作中?・・・ではありません、残念ながら。
これも治具のひとつです。

治具があると、寸法精度をかなりきっちり揃えて作ることができます。
でも、図面上で寸法と形が決まっていても、実際のものの姿は、それだけでは決まらない・・・と、つくづく思います。

それだけではない、雰囲気や気配のようなもの。

測定してみれば、ミリにも満たないような差異にしかすぎないのに、まったく印象を異なるものにしてしまうもの。
それは、定規で測るものではなく、感覚で測るものなのでしょうか。

いつも言われる、「品の良いものを」との言葉が深く響いてきて、最初の姿が決まるまでには、何度も何度も試作を繰り返し。簡潔な言葉にこめられている、求められているものの計り知れない深さを、果てしなく探っていくような。


今度のものは、どう受け止めて頂けるのか…。やっぱりいつも、どきどきはらはらしてしまいます。

 
 
posted by Metal_NEKO at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

晩秋

081028-01.jpg


八ヶ岳、頂上付近が白くなっていました。
学校に夜中に着いた時には、気温5℃!!あり得ん!!と、見上げた夜空は、身震いしながらも、しばらく見上げていたくなるような、冴えきった星々で満たされていました。

もうそろそろ、冬の装いが必要のようです。

081028-02.jpg 081028-05.jpg


 
タグ:八ヶ岳
posted by Metal_NEKO at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

Google マップのストリートビューが役立つ時。

納品×2件。

普段、夜道を走ることが多いので、昼間の道すがらの景色も、楽しいものです。
都電と並走する道も、好きな景色。今日は、レトロな感じの都電とすれ違いました。

飯田橋の交差点は、何故か毎回、ありゃりゃりゃりゃってなります。
後楽園の方を通ると、遊園地の真下!こっちの方が楽しそうな感じです。

靖国通りに入っていくと、あ、神田の古本まつり、やってるんですね!

両国辺りからの京葉道路沿いには、鉄鋼関連の業者が多くて、積み上げられた、ごっつい鋼材に、ついつい目を奪われてしまいます。
ボールトナット、と書かれた店も、いい雰囲気。

で、やっぱり、河を渡る景色、いいですね。何と言うことはないのでしょうが、意識の境界線を越えるような、独特のわくわく感が・・・。私だけですかね。(^^ゞ

さて、納品センターが移転した、とのことで、ここから先は、初めての場所。そういう時は、出かける前に、Google mapで調べておくんですが、最近は、ストリートビューも結構重宝します。
目的地の建物の外観や、周囲の雰囲気も分かるので、どこ?どれ?!と、慌てずに済みます。

ただ、何丁目何番地までで、何号まで対応していないときもありますので、たまに、え?ってなりますね。検索したら
あれ?ビニールハウスが・・・なんてときも・・・。

 
posted by Metal_NEKO at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

それぞれのスピード

081026-01.jpg


じんわりと、ゆっくりと。

今までの自分が体験したことがないような、その進み具合に、最初はとまどいつつも。
この方法に適したスピードを、ようやく呑み込めて、最近は受け入れられるようになってきたのかな、と感じたりします。


いろんなものづくりがあって、いろんな作業があって。
まるで踊るように流れるように作業できて、あっという間にどんどんできるものもある。
じっくりと手間と時間をかけて、ようやくほんの少しできるものもある。
それぞれに適した特性とスピードを知り、受け入れていくこと。そしてそれをより良く、より最適になるように伸ばしていく。


ものができていくことも、人が成長していくことも。
 

 続きを読む
posted by Metal_NEKO at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

夜の色、静けさ、の。

081025-01.jpg


塗装、と言うと、「昼下がり、よく晴れた空の下で」、なんてイメージしたくなるよう気がしますが。何となくですけどね。

でも、自分にとっては、実は夜の印象がとても強かったりします。しかも、屋内ですし。

下地処理から下塗り、上塗り。片面を塗ったら、ひっくり返すのは何時間後、とか。調合した塗料の可使時間が何時間だから、硬化してしまう前に全部済ませようとすると、作業工程をどうするか、とか。重ね塗りや次の作業、納期やら乾燥時間やら考えると、ここまで終わらせてから寝よう、とか。

そんなこんなで、決めた作業まで終わらせる頃には、夜半過ぎになってしまっていることが多い気がします。

作業のふとした合間、そして作業を終えたとき。
その静けさは、今しがた塗った色が吸い取っていったような。
隅々まで照らす蛍光灯は消せても、暗闇に灯した小さな明かりは落とせずに。
ふと辺りを見回して、何かを振り返ってみたくなるような。

そんな感覚、そんな印象が強いからかもしれません。

 
posted by Metal_NEKO at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

Halloween

081022-04.jpg


知り合いのお子さん、ハロウィンのお化けかぼちゃがお気に入りらしくて、「これこれっ!」って感じで、絵本を見せてくれたことがありました。

僕らが子どもの頃(!)は、ハロウィンって、まだあんまり知られてなかったですよね。馴染みがないなぁと思いつつも、作ってみたら夢中になってしまいました・・・。最近、こういうのは全然作ってなかったですね。

081022-03.jpg


 続きを読む
posted by Metal_NEKO at 01:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

惚れてしまったら

081020-03.jpg


かぁっこいいっス〜っ!!

ベタボレです。

こういうものが似合うような、クールでスマートなオトナになりたいなぁ、と。

・・・。

え?



ベタボレといえば、こちらもようやく出会えました。

081020-02.jpg


とても気に入っていた眼鏡が壊れてしまったのは、もう二年くらい前になってしまうのでしょうか。
やっぱりどこかで探し続けていたんでしょうね。

こういうものが、すっと似合うような大人になりたいものです・・・。


惚れてしまったものにふさわしい人間になれるように。
憧れたものに近づけるように。
自分を磨く努力、いつまでも重ねていきたいものです。

081020-04.jpg

ハードル、高いかなぁ。


posted by Metal_NEKO at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 錆びぐらいの具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

月末スパート

いまさらですが、すっかり日が短くなってしまっていたんですね!
あっという間に真っ暗になってしまうので、何だかとても時間が早く進んでいるような気になってしまいます。
休日の夜なんて、静けさもあって、早々と深夜のような気配。

さて、今月末納期の仕事が、まただいぶ重なってきているので、スパートをかけているところです。

081019-01.jpg

おかげさまで追加注文を頂いたMaduさんのタオルラックは、あとは仕上げまで。

081019-02.jpg

こちらのプレートは、大きさの割に、情報量が多くて細かいので、今回は腐食彫刻(いわゆるエッチングですね)に挑戦中です。
月末納品ではありませんが、やっぱり手間と時間がいる作業なので、ずっと同時進行で。このペースだと、まだあと3〜4回は繰り返した方がいいかもしれません。

これが初の海外輸出作品になる・・・かも・・・?
いろいろと初めてのことが重なっているので、結構どきどきしますね。うまくいきますように・・・。

 
posted by Metal_NEKO at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

ずっと繋がっていくこと

081012-05.jpg


小谷眞三さんが書かれた、「原点」というメッセージ。

先日の、ナガオカケンメイさんのトークショーでも、「原点」が重要なキーワードとなっていました。

新しい物づくりのために、「原点」に立ち戻る。

今年のグッドデザイン賞を受賞された、「60(ロクマル)ビジョン」のリーフレットにあった、この言葉に、私はとても心を惹かれていました。
「まず、原点とつながっていること。
ずっとずっと、原点とつながっていること。


どんなことにも『はじめたとき』があります。
創業者の若さもあるかもしれませんが、様々な理由があって
そのものづくりをはじめたのです。単純な思いでは始めていません。

自分の夢以上の思い。社会や日本をよくしたい。
みんなを幸せにしてあげたい。
あの人の喜ぶ笑顔をみたい。

人がものをつくる動機のほとんどは、
実はそうだと思います。
だから、思うのです。
どんなに時代が、自分が、社会が変わってしまっても。
この原点は大切なのです。そう思いませんか。」

(60VISION リーフレットより引用)

原点は、出発点になった場所。

そこから、手探りで前へ、始まりの一歩を踏み出していくように。
暗闇に目が慣れてきたら、歩き出し。
やがて光明を見出して、走っていくように。

原点は、還ることのできる場所。

進んでいくうちに、また分からなくなったり、迷ったり。
そんな時に立ち返る場所。
自分の立ち位置や進むべき方向を確かめて、また歩き始める。


自分が今、どのあたりに立っているのか。
自分の立ち位置を、よく考えたりします。

自分にとっての原点から、今いる場所まで、一本の線を引く。
その線を、まっすぐ将来へと向けて伸ばしてみる。
その時、伸ばした線のその先に、しっかりと繋がっていく場所があります。

原点は、その始まりに志した場所。
いつか辿り着きたいと願い、目指した目的地。
変わらずに、自分の中にずっとあり続ける場所。

原点とは、点といいつつ、実は線なのかもしれません。
柱のようにすっと伸びている「原点」の周りを、ずっとぐるぐる螺旋を描くように、上昇していくように進んでいくような気がします。


そしてその線を、今度はもっと遠く、自分という個人を超えて、伸ばしてみる。
先人達の足跡を辿って、昔々の原点から、今、自分達がいるこの現在まで、一本の線を引いてみる。
そしてその線の先を、ずっとずっと先の未来へ向けて、伸ばしてみる。


見つめ直す。
いつでも立ち戻り、いつも傍に感じながら。
そしてまた、目指していく。

私にとって、「原点」とは、そういうものであるように思えます。

 
posted by Metal_NEKO at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Craft・Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

小谷眞三さんのレクチャー

先週末に、G.E.N.のイベントで開催された、倉敷ガラス小谷眞三さんと栄次さん親子による、ガラスの築炉とデモンストレーションを見学してきました。

当時、ほとんど何も分からず、何もないようなところから、試行錯誤と研究を重ねていかれた御苦労はどれほどのものだったか。様々なものが揃い、恵まれている今の私達にはたぶん想像もつかないほど大変な日々だったのだと思います。
あまりの困難さに辞めようと思ったとき、引きとめ、背中を押してくれたのは、その手から作られるガラスの器を求める人の、思いや願い、そして喜びだったのかもしれません。

そうした試行錯誤や研究の中で編み出された、独自の技法(スタイル)や道具たち。それを見たときに、「人が生きるために必要なモノっていうのは、こんな単純な仕事場と道具で作ることができたということを知っておいてほしい」という、昔ながらの鍛冶屋さんの言葉を思い出し、それがぴったりと重なったように感じました。(鍛冶屋さんの聞き語りをまとめた鍛冶屋の教え―横山祐弘職人ばなし (小学館文庫)という本の中の言葉です。)

「何でも一番最初にやってみるのは気持ちがいい。」
スライドレクチャーの時に、小谷先生がおっしゃっていたこと。
困難や苦労を、楽しみに変え、喜びを生み出していく。
それが、「ものづくり」の持つ真の力のように、生粋の職人の姿を見て、感じたような気がします。

学生達にも気さくに話をして下さり、失礼ではありますが、80歳も近いとは思えないほどお元気でお若く、そしてお茶目(!)な方でした。
人の暮らしや心を豊かにするものづくりとは何か、本当の豊かさとは何か、改めて問いかけられ、そして教えて頂いているような、とても貴重な素晴らしい出会いでした。

081012-04.jpg

081012-01.jpg


081012-02.jpg 081012-03.jpg


小谷先生が、スライドレクチャーの際に壁に貼られた紙。
そこには、
「工芸の原点
 
 自然を愛し
 人を愛し
 仕事を愛す
 その仕事に
 責任を持つ

 ものをつくるよろこび」

と、手書きのマジックで太く力強く書かれていました。

繰り返し説かれていた、先人に学ぶことの大切さと、良いことを残し、伝えていくことの重要性とともに、この言葉を、自分の中にもしっかりと刻んでおきたいと思います。

 
posted by Metal_NEKO at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Craft・Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

「同じ」にしてしまわない

081009-01.jpg


より良くしたい。
それがいつも、どこかにある思い。

もう規格で決まってしまっている「もの」は、その「もの」自体は変えられませんが、それを作る過程は、より良く出来るはず。
より良く「作る」ために。
例えば道具を改良したり、作業を改善したり。
技術を向上させ、前よりも進歩するように心がけたり。


前とは明らかに違う、という感覚。良くなった、と思えたとき。
それは、自分が今まで歩いてきた道のりを振り返り、ほんの少しでも、前に進めた、と思えたときなのかもしれません。

「同じ」ことを「同じ」にしてしまわない。
それが、自分が今立っている場所を確かめて、その先に目指す場所へと、道を繋げることなのかもしれません。


さて、それではそろそろ、納品に行ってきます。

posted by Metal_NEKO at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Kafuなお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

刻印

自分では刻んでいけなくても、
刻まれていくものを選択していくことは出来る。

過ぎていく「時」のように。

081007-01.jpg


posted by Metal_NEKO at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 琴の羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

二連鍋敷

081005-01.jpg


今日は、二連式の鍋敷きを納品してきました。
その場所に置いた瞬間に、もうそこになじんでくれたような気がして、とても安心したような嬉しさがありました。

お昼までごちそうになってしまい、その後、ご家族皆さんとご一緒に散歩へ。
歩いてすぐのところに、あの有名な「とげぬき地蔵」が!噂はかねがね耳にしてはいましたが、いまだかつて行ったことはなく、せっかくなので、今回初訪問です。

商店街も独特の雰囲気があって、確かに何だか懐かしいなぁ、という感じがしますね。そうそう、子どもの頃は、こういうお店が地元にもあったよなぁ、という感じだったり。ご年配の方が確かに多かったですが、若い人も結構見かけましたね。
そのまま庚申塚まで散歩して、戻ってきましたが、小さなお子さんのペースで一緒に歩くのって、ちょっと新鮮でした。どこに興味を惹かれているんだろう、というのも、自分の子どもの頃を思い出させてくれるような、新しい発見のような。楽しかったです。


その後お別れしてから、日本橋の三越へ。
[日本伝統工芸展]、今日が最終日、ということで、見てきました。
なかなかコメントしづらいですが、やっぱり自分の中で、確実にいろんなことが変わってきているのかな、と、改めて感じたりもします。

 
posted by Metal_NEKO at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

G.E.N.の展示用什器

G.E.N.の展示会用の什器。

折りたたみ可能な脚立型で、材は細ければ細い方がよくて、かっこいいやつ×6台。
で、日にちがナイ(笑)。という依頼内容・・・、で。

081003-01.jpg

081003-02.jpg

081003-03.jpg


一日居残りになってしまいましたが、なんとか間に合いました〜。ほんと、久々にギリギリな感じのスピード勝負でした・・・。

もう少し時間をかけたいところもありましたが、依頼内容と制作可能な時間と、今の自分の制作スピードをシャッフルしたら、着地点はここだった、ということなのでしょうね。


私は什器制作までお手伝いをして、一足先に戻ってきてしまったのですが、展示の準備の方は、もしかしたら、ちょうど今が佳境な頃かもしれません。本当にお疲れ様です。

G.E.N.[小さなガラス展]は、いよいよ明日から開催です。
展示会、私も楽しみにしています。
八ヶ岳や入笠山、小淵沢や諏訪方面にお越しの際には、少し足を延ばして、どうぞお立ち寄り頂けましたら幸いです。

 
posted by Metal_NEKO at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。