2008年10月13日

小谷眞三さんのレクチャー

先週末に、G.E.N.のイベントで開催された、倉敷ガラス小谷眞三さんと栄次さん親子による、ガラスの築炉とデモンストレーションを見学してきました。

当時、ほとんど何も分からず、何もないようなところから、試行錯誤と研究を重ねていかれた御苦労はどれほどのものだったか。様々なものが揃い、恵まれている今の私達にはたぶん想像もつかないほど大変な日々だったのだと思います。
あまりの困難さに辞めようと思ったとき、引きとめ、背中を押してくれたのは、その手から作られるガラスの器を求める人の、思いや願い、そして喜びだったのかもしれません。

そうした試行錯誤や研究の中で編み出された、独自の技法(スタイル)や道具たち。それを見たときに、「人が生きるために必要なモノっていうのは、こんな単純な仕事場と道具で作ることができたということを知っておいてほしい」という、昔ながらの鍛冶屋さんの言葉を思い出し、それがぴったりと重なったように感じました。(鍛冶屋さんの聞き語りをまとめた鍛冶屋の教え―横山祐弘職人ばなし (小学館文庫)という本の中の言葉です。)

「何でも一番最初にやってみるのは気持ちがいい。」
スライドレクチャーの時に、小谷先生がおっしゃっていたこと。
困難や苦労を、楽しみに変え、喜びを生み出していく。
それが、「ものづくり」の持つ真の力のように、生粋の職人の姿を見て、感じたような気がします。

学生達にも気さくに話をして下さり、失礼ではありますが、80歳も近いとは思えないほどお元気でお若く、そしてお茶目(!)な方でした。
人の暮らしや心を豊かにするものづくりとは何か、本当の豊かさとは何か、改めて問いかけられ、そして教えて頂いているような、とても貴重な素晴らしい出会いでした。

081012-04.jpg

081012-01.jpg


081012-02.jpg 081012-03.jpg


小谷先生が、スライドレクチャーの際に壁に貼られた紙。
そこには、
「工芸の原点
 
 自然を愛し
 人を愛し
 仕事を愛す
 その仕事に
 責任を持つ

 ものをつくるよろこび」

と、手書きのマジックで太く力強く書かれていました。

繰り返し説かれていた、先人に学ぶことの大切さと、良いことを残し、伝えていくことの重要性とともに、この言葉を、自分の中にもしっかりと刻んでおきたいと思います。

 
posted by Metal_NEKO at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Craft・Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。