2008年12月14日

視点を変えた時に、生まれてくるもの

このブログでも時々ご紹介させて頂いている、メールマガジンのRyuzu【リューズ】
発行者のサトウタカシさんが、スナオさんと組まれたユニット、Tacio Canasのライブ&トークイベントがあり、先週末、海岸215スタジオへ行ってきました。

今回のテーマは、「スイッチャーを使いこなす 〜視点のスライドとチェンジ〜」

様々に視点を変えてみること、やっぱり重要だなぁ、と、改めて思います。先日も似たようなことを書きましたが、日々、一人で作業場にこもっての作業ですし、やっぱりちょっと特殊な環境なのかもしれませんしね。
だからこそ、よけいに、様々な方々の話を聞きにいったり、展示会や何かを見に行ったり。意識的に注意して、視点を変えてみる努力が必要だなぁ、と、最近強く感じたりします。

(あ、でも、そうでもしないと都心(!)に出かける機会もないっていうのもありますね。そういう機会を作らないと、開き直って「今日は休みの日!」ってなれないんですよね。月に一回くらいは、そんな日もいい…かなぁ、と。いい口実?かもしれません…(^^ゞ。)


別の視点で見直したときに、生まれてくるもの、ということについて、最近考えていたり、今回のお話を聞いて、また思い始めたことがあって。それはまた、実現できると面白いんじゃないかな、と。

サトウタカシさんが、いつかのRyuzu誌上で書かれていたコメントが、心に残っています。
「趣味でも、仕事でも、恋愛でも、時間を作り出すことこそ、情熱なのだと思います。」

わくわくするようなことを、いつも心に抱きながら、まずはしっかりと日々のことから進めていきたいですね。

 


posted by Metal_NEKO at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。