2009年01月08日

中古機械の入札会

開業の時から、何かとお世話になっている中古機械屋さん。
時折、「近くに来たから」、と立ち寄ってくださったり、展示会に来てくださったりもします。

年が明けて、また、ふらりと立ち寄って下さったかと思ったら、すぐ近くで、中古機械の入札会があるから、欲しいものがあったら下見に行ってみたら、と。

行ってみたら、大きな工場の空間の中に、それこそいろいろな工作機械や工具や・・・。精密板金の大きな機械や金型やらに、訳もなくどきどきわくわくしてしまいました。そんな何十万も何百万もするような巨大な機械、使えるわけもないのに(苦笑)。あれは何でなんでしょうね(^^ゞ。

そんな中にも、ちょっとした工作機械やら何やら、あぁ、これ、欲しいなぁ・・・というのがあったり。あぁ、そうか、こういう機械があるのか、というのに興味を引かれたり。ついつい、いろいろと考えてしまいますね。


入札は業者の方しか参加できない、とのことで、まぁ夢を見つつチェックだけしてきました(笑)。それにしても、相場って、やっぱり素人には分からないですね。一応、入札最低価格、というのは書いてあったんですが、一体どのくらいの価格で落札されるものやら・・・。

そうそう、競売にもかからないような、雑品のようなものが即売されていて、あまりの安さに、思わず買ってしまったものも。

でっかい製図板、500円。とか。

いろんな意味で、いいのか、と思ってしまいます。



ところで、こうした入札会場の下見って、初めてのことで、わくわくして面白かったんですが・・・。

使い込まれた、たくさんの機械や工具たちが、値札を付けられて置かれている。
工場の建物だけれど、がらーんと静まり返った空間。
隅の方に、作業台やら消耗品やらが押しやられていて、この場所で作業していた気配がかろうじて残っていて。
でも、もう、そこにかつてあった、活気のある息遣いや熱は、失われてしまったような。

この工場が潰れてしまって、それでそこの機械たちが一気に競売にかけられているのだと。

それを思うと、何ともいえない気分にもなってしまいました。

 


posted by Metal_NEKO at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 錆びぐらいの具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。