2009年02月23日

辿り着いては辿り着く

日曜日は、卒展に行く予定でいたのですが、急な仕事が入ってしまって・・・。
出先から直行で六本木に向かったのですが、お約束の行楽帰りの渋滞にも巻き込まれるわ、そもそも出た時間がもう遅かったこともあって、結局(案の定?)卒展には間に合わず。申し訳なかったなぁ。

でも、その後、集まろうと約束していた同級生や卒業生達とは、無事合流できました。
やっぱり、人には、直接会って話せるのが一番ですね。


と、言った傍から何ですが、会って話すだけでは、やっぱり足りないこともたくさんありますね。自分はあんまりしゃべれる方ではないので、よけいに足りないのかもしれませんが・・・。

自分がやっていることや、大切にしたいと思っていることは、だからこそ、というのがあるのかもしれないな・・・、と。
みんなに会おう、と向かう車の中で一人、何となく考えていました。


人と出会い、人と向かい合う。
そうすることで、人の内にある大切なものを見つけたい、ということでもあるのかな、と。
そうして見つけたものを、大切にすること。

それが自分にとっての、大切なことなのだと。


作ることも、書くことも。
教えることや教わること、学ぶことも。

それもまた、さらに、より深く向かい合うための、ひとつの形でもあるのだと。



成長していく、ということ。
どこか遠くや高みや、遥かな先を目指していくように感じていたけれど、内にある大切なものに果てしなく近づいていき、辿り着いてはまた辿り着いていくことでもあるのかな、と。

帰る夜道の、車の中で一人、ふと。

 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。