2009年05月10日

「何が伝わるか」

土曜日に開催された「みずかがみ夜会」を見に、松本まで行ってきました。

学生達が頑張って制作や準備を進めていた様子をみて、私もだいぶ期待して楽しみに見に行ったのですが・・・。
頑張っていたのを知っていただけになおさら、個々の見せ方や全体の進め方や段取りなど、正直残念に感じる点が多々ありました。

私も学校で教える立場の1人でもあり、また、このブログでイベントのご案内をした経緯もありますので、至らぬ点が多々ありましたこと、このような場ではございますが、深くお詫び申し上げます。
多くのご参加頂いた方や、イベントの開催にご尽力頂いた方々、関わって下さった皆様には、大変申し訳ございませんでした。


090509-02.jpg


090509-01.jpg


090509-04.jpg


メールマガジンのRyuzu【リューズ】本誌で、ちょうど5月9日に紹介されていたのが、この言葉でした。
コミュニケーションで重要なのは、「何を伝えるか」ではなく、「何が伝わるか」です。
  『なぜか心にヒットする本』中村寛治著/文芸社刊
  Ryuzu【リューズ】5月9日号 株式会社コラージュ発行 より引用


今回のように、何かを作り、それを見てもらったり、使ってもらったりするような時にも、この言葉は当てはまるように思います。

自分もつい陥りがちですが、自分の目線や自分達の都合といったようなものから、どうやったら離れられるのかも、大切なのかもしれません。
どこを向いているのか。全体を見たときにはどうなのか。見に来て下さる方、参加して下さる方の視点から見たら、どうなのか。


イベントの後で、感想を、と求められ、思いがけずだったこともあって、つい素でストレートに感じたことを話してしまったのですが・・・。それも本当にそれで良かったのか、何か伝えられたのか。
ずっと考え込んでいた、帰りの車中は、いつになく重く長い道のりに感じました。


何かを作るということや、それを見てもらったり、使ってもらうということ。
それがどんなことなのか、当たり前のようでいて、でも一番大切で、もしかしたら一番難しいかもしれないことを、実習を通して、共に考えていければと、改めて思います。

「何を伝えるか」ではなく、「何が伝わるか」を心がけて。
 
090509-03.jpg

090509-05.jpg


 
この記事へのコメント
打ち上げでのネコさんのせっかくの駄目出しにも学生たちは耳を傾けていなかったそうですね。残念です。彼らが「何をしたいのかよくわからない」と批判されても仕方がない。なんでも面白がって懸命にやってみる事が彼らの年齢では大切だとぼくは思うのですが。
Posted by 飯野 at 2009年05月13日 09:39
飯野先生、ありがとうございます。

自分の感じたところでは、今回は、プロジェクトの進め方の問題で、学生達が翻弄されてしまっていたのだと思います。
学生達は、準備時間も短い上に、めまぐるしく変わってしまう条件の中で、何度も考え直させられながら、良く頑張っていたと思います。

学生達が存分に本領を発揮でき、制作や発表に打ち込めるような環境を、できる限り整えるのも、自分も含めて指導や主導していく側の仕事では、とも思います。
今回は、なによりもまず、そこが不十分だったとも思うのです。

ただ、そうした状況であっても、学生達にもイベント全体を見れる視野や、見に来てくださった方々に主眼を置いた配慮や態度、対応ができれば・・・、とは、残念に思います。

各々にそれぞれの言い分があるかと思いますが、それでも、あれで良かったとは、さすがに誰も思ってはいないと思います。
それぞれに噛みしめることがあり、学ぶことが多々あれば、次は必ず変わっていくもの、良くなっていくものと信じます。お互いに、その意思さえあれば。
Posted by Metal NEKO at 2009年05月14日 23:58
はじめまして。とても興味深い記事で思わずコメントさせていただきました。

私は絵本やアニメーションなどを作っているのですが、4月から子どものおえかき教室を始めたばかりで、指導する側として毎回発見と反省と挑戦の連続です。

子どもたちが(私の場合は幼児・小学生ですが)心も体も解放して思い切り表現できる環境やムード作り、きっかけ・声掛け・タイミングなど、毎回五感フル回転です^^;

常に「何を伝えるか」ではなく「何が伝わるか」を心がけるという事は、創り手として・指導者として・人として、本当に大切な事だと深く心に響きました。
また訪問させていただきます。とてもステキなブログですね^^
Posted by AWAJI at 2009年06月07日 23:35
AWAJIさん、初めまして!
ブログを読んでくださり、コメント、大変ありがとうございます。

絵本やアニメーションを作られているのですか!素敵なお仕事ですね。

教えるということ、本当にいつもいろんなことに気づかされ、発見し、反省したり学んだり・・・。教えるということを通して、自分自身もたくさんのことを教わっているような気もしますね。

私も、目いっぱいフル回転で頑張りたいです。

AWAJIさんのブログも、楽しみに拝見させて頂きます!
またどうぞ、宜しくお願いいたします。
Posted by Metal NEKO at 2009年06月13日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119085731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。