2006年02月09日

明日館での展示の様子&各自の作品紹介

を、このブログでもやろうかと思っていたら、いつも大変お世話になっている講師の方が、早速ご紹介下さっていました!(Tokura先生、本当にいつも、ありがとうございます。)

ぜひぜひ、「イタリアそぞろ歩き」の以下の記事、ご参照ください。

ものづくりって・・・(その2)
ものづくりって・・・。(その3)


取り急ぎ、ご連絡まで。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆'06/2/17追記☆
学校のHPでも、個々の作品の紹介や、東京展の様子がUPされています。
どうぞこちらも、ご覧下さい。

⇒「日本装飾美術学校 2005年度 卒業制作展」のページ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


posted by Metal_NEKO at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 卒業制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NEKOさん、卒展お疲れさまでした。
今度は長野展ですね。東京での展示では予定した通りに
人が流れてくれなかったこともあったようですが(ブログ拝見)
より良い方法を検討して、またがんばってください。

あの子たちは本来は外の展示の方が合うのかもしれませんね。
可能なら長野展までにどこかに置いて様子を見たりできると面白そうです。
(誰かの家の入口だったり・・)
それを実写してプレゼンに加えてみるとか。(時間無さすぎかな?)

そういえば、私の知人で卒展を見に行ってくれた人が誰だかわかりました。
その人もものづくりの会社で営業をされているのですが、見に行った後、
“これから情熱の営業をしよう”と感動していましたよ。 Tokura
Posted by Yoko Tokura at 2006年02月11日 14:49
Tokura先生、ありがとうございます!何かとお世話になりました。

今日、学校の方での展示、だいたい終わりましたが、やっぱりエントランスが広々・・・というか、ちょっと寒々しい印象がしてしまうようです。
私の作品も、周りが広々と空いているので・・・、やっぱり周りを通っていかれるかもしれません。
どうしたものか・・・と、また一思案中です。

そうですね〜、もともと外に設置する目的のものですからね。
はじめは、冗談めいて、壁画の学生と東京展でも外でやろうか、とも話していたのですが・・・。あの寒さで外で展示していたら、お客さんも長居出来ないでしょうし、自分たちもすぐに体調を崩していたかもしれません。
ましてや富士見となると・・・まだまだ凍っていますし。

「見せる」という事、作る以上に、難しいですね。
展示もそうですし、以前、写真撮影の際にも、強く感じました。
作った物の魅力を、いかに伝えられるか、それもますます考えていかないと、と改めて思います。

営業の方のお話、とても嬉しく感じます。
見に来てくださった方に、何かを感じてもらえたら・・・。
いろいろと考え、やってきて良かった、と心底嬉しく思います。

アドバイス、ありがとうございます!
またいろいろと、考えてみます。
Posted by Metal NEKO at 2006年02月11日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。