2009年11月13日

「意味」

091108-01.jpg


もうすっかり前の話になってしまいましたが、先月パソコンがクラッシュしてしまったときのこと。

仕事関係のデータなどは、クラッシュする直前に別のハードディスク領域に移していたため、ほぼ無事だったのですが、メインのハードディスクが物理的にクラッシュしてしまっていて、そちらのデータは飛んでしまい、修復不能でした。

何より痛恨の極みだったのは、メールのデータがすべて消えてしまったこと。

それまで受け取っていたメールも、やり取りしたいくつものメールも、何年ものデータが、すべて。

偶然のように、重なるときには重なって、畳み掛けるような喪失感に、しばらく気力も力もすっかり失せてしまって、何も考えられずに呆然としていました。


けれども、また一から再構築しなおして、メールソフトを起動したとき。サーバーにまだ削除されずに残っていて、改めて受信トレイに届いた、一番古い日付のメールは、大切な方から最後に頂いたメッセージでした。


ひとつひとつが、ただただ、偶然に重なっただけのこと。
そう言ってしまえば、そうなのかもしれません。

偶然の重なり合い、積み重ねの中に、出会い、失い、連なっていくもの。
あらゆるものが必然のように、意味があることなのか。
偶然の結びつきには、意味など何もないのか。

あるのかもしれないし、ないのかもしれない。


本当のところは、決して分かりはしないのだとしても、それでも人は、そこに意味を探し出そうとする生き物なのかもしれない。

ふと、そんなことを思います。

捜し求め、見出そうとし、そこに何か意味を感じ取ろうとする。
そこに、「人」らしさを感じるような気もします。

だからこそ、人は人でいられるような気がします。

091108-02.jpg

 

posted by Metal_NEKO at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「最後のメッセージ」が残っていたことはたしかに偶然ではなく、重要な意味が込められているのでしょう。こういうことがあるんだねえ。
Posted by 飯野 at 2009年11月15日 01:38
飯野先生、コメント、ありがとうございます。

他の方も、同じときに同じようなことが重なったりしていて、本当にただの偶然だけではないような、とても不思議な経験でした。

人は、意味を感じ取ることで、なおさら、どう生きるのか、問いかけられ、考えさせられるようにも感じます。
Posted by Metal NEKO at 2009年11月15日 22:10
「だからこそ、人は人でいられるような気がします。」

とてもいい言葉だなぁと思いました。

最後のメッセージがもう一度来たということはきっとそれは念を押されたのかもしれませんね。

ちゃんと続きはやってよねって(笑)

またどこかで一緒に夢の続きを語りましょう。
Posted by nini at 2009年11月15日 22:41
niniさん、コメント、ありがとうございます!

「ちゃんと続きはやってよねって(笑)」
やっぱり念を押されたということなのかもしれませんね。

ふとした折に、何かの拍子に、失われてしまったものを思い出してしまう「何か」があって、あぁ、と思ったりもしますが、それもきっと、振り返るためというよりは、前へ進むために気づかせてくれるのかもしれませんね。

続きは、また、ぜひ一緒に。
Posted by Metal NEKO at 2009年11月16日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。