2005年07月27日

「ひたすら製材」 【空間を作ろう!】 Vol.13

学校は夏休みになりましたが、私は相変わらず工房へ。
昨日は、階段の踏み板にする板を取るために、木工房でひたすら製材のようなことをしていました。

もともとの材料は古材。チェーンソーでカットして、乾燥させ、帯ノコでスライスしてまた乾燥させておいたものを、今週はいよいよ板として使えるように製材し、踏み板へと加工していきます。

050727-01-s














ちなみに、こちらは昨日の状態。
もともとの古材が、放置に近い形で保管されていたので、いざ割ってみると、結構割れが生じていたり、朽ちていたり・・・。
割れている部分をカットしたりなんだりしているうちに、えらく幅が狭くなってしまった材料もあり・・・。
すでに製材してある材料を使うのではなくて、自分で材料取りからって、難しいものですね。


今日は、これらの製材の続きと、厚みの揃った2枚の板を接いで、適度な踏み板幅になるような1枚板に。
というのも、この古材・・・。


踏み板にするには、微妙に幅が足りないのです。
う〜ん、お金があったらね〜、1枚板で踏み板を、とか贅沢な事になるのかもしれませんけどね〜(なるのかな)。
ま、実習ですし。いろいろと勉強にもなりますしね。それに、お金をかければいいものになるのかと言えば、決してそうとは限りませんし。
ともかくも、本日は、結局最初のストレートの上り分を貼り合わせ、いよいよ次は、コーナー部分。

Metal 05-1st-Loft-0715-08-s ← ここにはまる板、ですね。

幅の狭い材料をどう組み合わせて継ぎ合わせたら、この形になるんじゃい、ってなことも、イマイチぴんときませんで。
で、実寸大の図面の上に、実際に材料を並べて・・・。うぅ〜ん?などと悩んでいるうちに、タイムオーバー(作業時間終了)。

普通に材料取りすれば、そんなに問題ないんですけどね。
けれども、今回は(またしても)ちょっとしたこだわりがあって、それが為に余計ややこしくしてしまっているような気がします。
で、検討の結果・・・。もしかしたら、また材料足りなくなるかも・・・。む〜ぅ。





あ、いまさらですが、私、専攻は金属(鍛造)です。この記事だけだと、誤解されるかもしれませんが。
まぁつまるところ、木工は初心者も初心者。
なので、もしも木工関係の方がこの記事を読まれたら・・・、恥ずかしい限りです。
ちなみに、「電動工具しか使えないヤツに、いいモノなんか作れるはずがない」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが・・・。

すみません、私、今回(木工がらみでは)、今のところまだ電動工具「しか」使っていません。

まぁ・・・、うん、いや、でも、単純に面白いですよ。機械を使うのも。
わくわくしてきませんか?特にちょっとレトロな半手動っぽい機械だとか。そういうの、単純に好きなんじゃないですかね、男の子とかは、特に。(←何歳だと思っているのか、自分。)

いずれにしても、自分のベースや核となるものは何なのか、そこさえしっかりしていさえすれば、と思います。



明日館での卒業制作展まで、あと191日!

あなたの1クリックで、ランキングUP中!「人気Blogランキング」。皆様のご好意、心に染みます。


人気blogランキングへ

posted by Metal_NEKO at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Space | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。