2008年01月19日

ニンベンのつく機械

ちょっとパタパタしていたら、あっという間に1月も終盤なんですね。Blogの更新、間が空いてしまいました。


学校の金属工房に、私が在学していた時から、使われないままずっと放置されていた一台の古い工作機械、ドリル研磨機。

鉄工所だったか工場だったか、廃業になったところから、いろいろと譲り受けてきたものの中の一台だったそうですが、何かを直さないとそのままでは動かないらしく、そして誰も動かそうという気にはならなかったらしく、そのままずーっと、隅へ隅へと追いやられては、埃ばかりが積もっていっていました。

学校を卒業して、縁あってその後、また学校に来るようになっても、そのままそこにいた、その機械。
去年の年末に、年の瀬だからと、他の機械のメンテナンスや清掃をし始めた時に、ふと、その機械が気になってきてしまいました。

誰も気にも留めず、誰も使わないと、この機械、もう二度と動かないままなんじゃないか、とふと思えてきてしまい・・・。


結局、配線を別のタイプに付け替てみたら、モーターが動きました。今まで動かないまま沈黙していたのが不思議なような、快適な調子のいい音で回っていました。


機械のこと、私は専門ではないので分からないことだらけなのですが、でもやっぱり、嬉しいものですね。
また、動き始めてくれる、っていうことが。


でも、動く、といっても、この機械、モータで動くところは、研磨の砥石だけ。他は全部、手動なんです。
砥石の前進後退、角度調整、ドリルの回転など、一見単純そうなアナログな動きが組み合わさって、実はかなり精度の高い機械のようです・・・。
年末は、機械を動かすことに、ちょっとの間、夢中になっていましたが、今度は、使いこなせるようになるのには、夢中になる時間がまだしばらく必要みたいです。


posted by Metal_NEKO at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Craft・Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79566336

この記事へのトラックバック
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。