2008年06月02日

季節を感じる

日曜日、ガラスの加倉井先生の作品展を見に行ってきました。
学芸大のグラスホッパーギャラリーさん。

日曜日は、夏日、という感じでしたね。少し暑いくらいの、いい天気。
そんな日にぴったりな感じの、涼しげなガラスの作品。



そういえば、先月には、学校の金属工房で、学生をつれて安曇野のギャラリーに見学に行きました。

明珍宗理(みょうちんむねみち)さんの、火箸風鈴。
透き通るような、澄み渡る音、余韻に、こんなにきれいな音がするんだ!と、ほんと驚きでした。
(sonyのマイクテストに使われていたり、スティービー・ワンダーが楽曲で使用したりもしたそうです。)



季節を感じることのできるもの。季節に合うもの。
素材、形、色、用途・・・、音。
自分も、そういったものも、少しずつ考えていきたいですね。


【明珍宗理さんの紹介記事】
 匠の技|明珍火箸風鈴|日本の伝統ある動画・伝統工芸

 ものづくりの匠たち
posted by Metal_NEKO at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Craft・Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。