2009年03月14日

変化を自分のものとするために

090313-01.jpg


今日は、グループ展のDMの打ち合わせに行ってきました。

スケジュール表とにらめっこしながら・・・あと4週間くらいなんですね!
むむむむむ・・・、と、改めて身が引き締まります。


ただ、ここのところ、身体的には、かなり調子がいいんですよ!
それがなにより、嬉しい限りです。

 続きを読む
ラベル:展示会 睡眠障害
posted by Metal_NEKO at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

自分にできることを

Blogの方ではご無沙汰してしまいましたが、制作の方は、ちゃんと(何とか?)進めていますので・・・。(^^ゞ

春の展示会まで、一ヶ月ほどとなりました。
ある程度の数がまとまってきてはいったん仕上げをし、また制作を進めては・・・、といった繰り返しで、ちょうど今もまた仕上げの真っ最中です。

090309-01.jpg


作っている最中にも、あ、と思ったらすぐに試作も始めたり。
試作やパーツ、作りたいもの。まだまだ広げてみている真っ最中です。

続きを読む
posted by Metal_NEKO at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

たまにはそんな一日も

090212-01.jpg


いつもは鉄粉まみれの作業場も、たまには「おがくず」だらけになることも。

それにしても、今日はまた暖かな一日でしたね。

ずっとコークスを焚いての作業だったこともあってか・・・。
今日は一日、久々に、ストーブをつけずに済みました。


この調子だと、今年はもう、去年のような心配はしなくて済むのでしょうか・・・。(^^ゞ

 
posted by Metal_NEKO at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

思い描く力。形作る力。

090123-01.jpg


耕木杜さんから、お仕事の依頼を頂くと、嬉しさと同時に、身の引き締まる思いを、とりわけ強くします。

 品のよいものを。精度の高いものを。

厳しく求められているものを通して、初めてお仕事を頂いた時から、どれほど教え育てて頂いてきたか、計り知れません。

 求められているもの(求めているもの)は何か。
 それをどう作ったらいいのか。



ものを作るときに、大切にしたい、力。
思い描くものを、どう形作り実現させるか、ということ。
そこに、作り手としての、ものをつくることの面白さや醍醐味があるように感じます。

「もの」「夢」に変えても、同じことが言えるのかもしれませんね。

 夢を思い描く力。
 そしてそれを実現させる力。



そういえば・・・。

 続きを読む
posted by Metal_NEKO at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

[小さな楽しみ、小さな幸せ。]

今年の春は、4月祐天寺ギャラリーcafe日向堂さんで、グループ展をさせて頂く予定です。去年、OZONEのクラフトマーケットに参加したときと、だいたい同じメンバーです。


4月なんて、まだ先の話・・・なんて思っていると、もう1月も半分過ぎてしまっていたりしますからね。きっと、あっという間です。

今回のグループ展のテーマ(?)は、「小さなもの」
手にとって頂きやすいようなもの、暮らしや空間の中にすっとなじんでとけこんでくれそうなもの。「小さな楽しみ」「小さな幸せ」
今回は、私もそんな小さなものを、いろいろと考え、作ってみたいと思っています。


さて、そんな訳で、展示会用の試作や制作も、少しずつ始めているところです。
でも、始めてから気が付いたんですが、「そういえば、小さいものを作るとき用の道具が意外となかったな」と。

材料が小さくなってくればくるほど、やっぱり扱いづらくなってくるんですよね。ハンマーで叩く時や、グラインダーで削るときに、パーツが小さすぎて、押さえきれずに吹っ飛んでいってしまって、見つからなくなるなんてことも、しばしば・・・。

今までは、それでも細かい作業は頻度が少ないから、と、手近にある道具で間に合わせ、やり過ごしてきてしまっていたんですが・・・。今回はさすがに、ちゃんとしようと。
試作しながら、必要な道具を作ったり、治具を作ったり。

090117-01.jpg
(↑中ふたつが、今回、小さなパーツ用に新しく作った火箸。両サイドは、以前作った、フラットバー用の火箸です。)

毎度のことですが、あるのとないのとでは、えらい違い。
そんなに時間のかかることでもなし、それぞれの作業や目的に適した道具を作ることが、やっぱり結局は一番効率もいいし効果的なのでしょうね。


ものづくりは、道具作りから。ですね。

 
posted by Metal_NEKO at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

「もの」の価値。巡り会う時。

090114-01.jpg


学校の方は、すっかり雪景色に変わっていました。
路面も凍っていたり、ヴぉりヴぉりとタイヤに食込む雪の音やら、スキー場を滑降していくスキーヤー&ボーダーの姿やら。
ようやく「らしい」冬景色になったような気がします。


先日、下見に行ってきた、中古機械の入札会。
欲しいなぁ、と思った5点ほどを、機械屋さんに依頼して入札して頂きました。初めてだし、ダメモトで、1点でも落札できたら嬉しいなぁ・・・と思っていたのです、が。

やっぱり、全滅でしたね。(^^ゞ

聞けば、どれも、私の入札額よりも遥かに高めで落札されたそうです。
う〜ん、やっぱり素人には判断も難しいなぁ、などと思ったのもつかの間。
確かに残念だったけれど、でも、と、ふと思いました。

相場を知らない、というのも確かにあったかもしれませんが、本当に「本気で」欲しいと思ってた、と言えるのか?と。


欲しいものには違いない。
ずっと、「いつかは」欲しいと思っているもの。

でも、それを今回、「欲しい」と入札した(自分で決めた)金額は、本気で「欲しい」と思った金額だったのか、と言えば、たぶん正直に言ったら、甘すぎる金額だったなぁ、と、改めて思うのです。



相場がいくらとか、他の誰かにとっての価値、というのも確かに大事かもしれません。けれども、それ以前に、欲しがっている「それ」が、自分にとってどれほどの価値のあるものかが、まだ自分の中でさえも、きちんとは分かりも定まってもいなかったのではないかと。

そういうときは、「欲しい、欲しい」と思ってはいても、きっとまだ、本当にはその「もの」に、巡り合いも出会いもするときではないのかもしれません。


「もの」との出会いも、一期一会。

自分にとって、必要とする「もの」の、自分自身にとっての価値を、もう少し分かったら。その時が、その「もの」と、本当に巡り会うべきときなのかもしれません。
今よりももっと、切実さと、誠実さをもって。その時に初めて、出会うべき「もの」に、出会えるのかもしれないな、なんて思うのです。

 
posted by Metal_NEKO at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

初詣ならぬ、展示会巡り

090110-01.jpg


ずっと見たいと思っていた展示会。先日、この機会に、と、いくつかまとめて見て廻ってきました。

最初は、東京の丸ビルホールで開催されていた、日本クラフト展
知らずに行ったのですが、知っている方が出品されていて、あぁ!とびっくりしてしまいました。

そこから六本木に移って、21_21 DESIGN SIGHT で開催されている、吉岡徳仁ディレクション「セカンド・ネイチャー」展へ。
やっぱりあの、空間や素材に対する感覚に、圧倒されました。音楽もそう。一体となって、今どこにいるのかと思ってしまうような。

そういえば、私が今使っている携帯電話は、吉岡徳仁さんがデザインされたMEDIA SKINなんですが、あそこに入っている音が、とても新鮮な感じでした。知り合いには、「何、その神秘系みたいな音?」と、よく言われましたが・・・(笑)。
「セカンド・ネイチャー」展の、CLOUDSと名付けられた空間にたたずんで、何かみんなつながったような気がしました。吉岡さんが大切にされている、「感じる」ということが。
この携帯も、ついつい手の中で触れていたくなるような、触覚を始めとして、感覚で受け止められるもの。
新鮮な驚きと、心地のよい安住感が共存しているようで、本当にお気に入りです。

何だか話がそれてしまいましたが・・・。

 続きを読む
posted by Metal_NEKO at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

「暖かさ」を感じたいとき

何だか、同じような書き出しになってしまって恐縮ですが、それにしても、ここ数日は本当に冷えこみが厳しいですね!
私はかなりの寒がりなので、余計かもしれません。(あ、暑い方も苦手ですけどね。)

気温の低い時こそ、日の光の力を、改めて強く感じます。
降り注ぐ日の光は、本当に暖かいですよね。
日が差している間は、だからできる限り光を取り込みたくて、作業場のシャッターを開け放ちますが、午後になって林の向こうに日が陰り始めると、極端に冷え込んでいきます。もう、あっという間に。

火造りしているときは熱いくらいなんですけどね。でもさすがに、ずっとコークスを焚いているわけでも、バーナー仕事ばっかりというわけでもないので・・・。
ストーブも近くじゃないと暖かくないですしね・・・。


あんまりにも冷えてくると、こめかみの辺りがぎゅぅ〜っと痛くなってきたり、耳の先の辺りや耳たぶあたりが、きんきんに痛くなってくる感じがしませんか?

今日などは、暗くなってきたら、もうそんな感じになるくらいで・・・。さすがにこれは厳しいなぁ、と思っていたときに。

と。

090111-01.jpg

イヤーマフが、あったじゃないか、と。

防音用でも、意外と暖かいものですね。あるのとないのとじゃ、えらい違い。そんなこんなで、今夜の作業は、乗り切りました(苦笑)。
去年は、こんなに冷えた(寒がってた?)かな・・・?


すっかり冷え切ってしまったので、今夜は「ひっつみ鍋」です。(具は適当ですけどね。)
あぁ、やっぱりいいですね。東北にいた頃を思い出します。芯から暖まれる感じで・・・ちょっと食べ過ぎました、か、ね。

皆様もどうぞ、暖かくしてお過ごし下さい。

 

posted by Metal_NEKO at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

たたずまい

081212-01.jpg


今回は屋外用なので、ただ今がっちり塗装中。この色合いともお別れです。

それにしても、またここのところ、ずいぶんと暖かいですね〜。
寒暖の差が激しくて、戸惑ってしまいますね。寒い〜、と、もこもこに着込みすぎたり、逆に着過ぎて暑かったり。

今日はあんまりにも暖かいので、部屋の窓も開け放って、空気の総入れ替え。
あ、大丈夫ですよ。さすがに部屋の方までは、落ち葉は吹き込んできませんから(笑)。


ずっと懸案事項だった、ポストの支柱。
試作をしてみているのですが、うまくいきそうで、まだいまひとつしっくりこない感じです。本当に微妙な按配なのかもしれませんが、加工しては、しばらくずっとにらめっこ。
あぁ、何か違う・・・。もうちょっと、ここをこう?
試しては、眺め、試しては、眺め。

知人が貸してくれたインテリア雑貨の雑誌の中に、見つけた一文。
「寡黙で、でも静かな存在感」
「口数は少ないのに、たたずまいがすっとしている人(のような)」

う〜ん、それがまさに、今、目指したい姿かもしれません。
どっしりでもなく、がっしりでもなく。すらりと立ってくれる姿。

まだまだしばらく、試行錯誤です。
でも、できるだけ早く、ご報告したいのですが・・・。

 

ラベル:スタンド 立ち姿
posted by Metal_NEKO at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

皮手袋の自立

081207-01.jpg


皮手袋をぽいっと放ったら、自立してしまいました。

それを見て、あぁぁ、と。
「自立」するのには、堅固さばかりではなくて、柔軟性とバランス感覚も大切だということ。堅実さや安定性ばかりではなくて、時には、瞬発的な即興性で柔らかく適応できるような。
その姿が、思い出させてくれたような気がします。

普段、鉄のような硬い素材ばかり扱っているから、気がつきにくかったり、忘れてしまったりするのかもしれません。ついつい、鋼材の太さだとか、組み方とか、構造やら強度やら、と、考えてしまいますから。



そういえば、日々、鋼材や道具の重さに慣れてしまっていると、「重さ」の感覚が、普通の人と少しズレてしまっていることがあります。

自分ではこんなものかな、と、そんなに気にならなくても、使われる方にとっては結構な重さだったり、やっぱりごついと思われていたり。


「いつもの感覚」、「自分の感覚」に、慣れてしまわないように。

ひとつのところの中で、「これはそういうものだ」、と、思ってしまわないように。


違う視点や、違う分野。様々な「違い」との関わりの中で、新鮮な感覚をバランスよく補充し、保ち続けていきたい、と、改めて思います。

081207-03.jpg


皮手袋も自立すると、いろいろと教えてくれるようです。
 

 
ラベル:自立
posted by Metal_NEKO at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

冬支度

081205-01.jpg

あ、あったかいじゃん、なんてシャッターを開け放ったところ、何とも生暖か〜い強い風とともに、落ち葉も一斉に吹き込んできてしまいました・・・。

その後の雨も、ずいぶん強く降っていましたね。ラジオも聞こえなくなるくらいの雨音は、久しぶりのような気がします。
あ〜、でも、これだけ降っても雨漏りしなくなったのは、幸せかもなぁ、と、しみじみ。


週末は相当な冷え込みになるようですね。
先日、学校に行ったときには、向こうはすでに夜は氷点下でした。
車のタイヤも、さすがにスタッドレスに履き替え。今年は早いかなぁ・・・と思いつつも、もう雪も降りましたしね。
皆様も、どうぞ安全と体調には、くれぐれもお気をつけて。

081205-02.jpg


家風のパーツ作りの方も、今回の制作分で、年内の納品分は、たぶん完了。
深まりゆく冬と共に、年の瀬もいよいよ近づいてきた感がします。

 
ラベル:作業場
posted by Metal_NEKO at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

「場」の雰囲気

081129-01.jpg


一度は組み上げたものの、何とも言えない違和感を感じ、それだとあの場所の雰囲気にそぐわない、と、バラして再度作り直し。

その場所を思い出しながら。
その建物や空間。「それ」が置かれる場所。「それ」が担う役割。
依頼して下さった方々や、そこにいらっしゃる方々のことを思い出しながら。
その方の人柄や、交わした会話、言葉の端々。どんな方々だったか、何をされていたか、思い出しながら。


その「場」の雰囲気。

そこにあるものごと、すべてが関わりあって、人格や個性のようにかもしだされてくるもの。

自分の作る「もの」が、その雰囲気を壊してしまわないように。
「それ」が、その雰囲気にとけこむようになじんでくれるように。

そして、「それ」がまた、その「場」の雰囲気を形作るひとつになってくれれば。


その「場」の雰囲気に関わるようなものづくりができたなら、それは作り手のひとりとして、とても幸せなことだと思います。
そうできることを、いつも願って。


作り直しも完了し、後は仕上げ。そうしたら、いよいよ納品です。


081129-02.jpg

 
posted by Metal_NEKO at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

エンドレス

「いつでも答えは 僕らのすぐそばに」
中孝介の「」。

ややテンパりモード気味のときだとか。
え?あ、あれっ?って、壁に突き当たってしまったときだとか。
考えて、考えて、あ、そうか、と、前に進めたときだとか。

最近、気がつくと何故か頭の中でエンドレスに。


作業場ではラジオをつけているんですが、作業中は案外聞こえていないことも多いんですよね。
でもそんな時でも、番組の終わりと始まりの時というのは、何故か耳に入ってきやすいような気がします。
「絆」は、某ラジオ局の夜の番組でエンディングテーマに使われていて、その曲が流れてくると、うわぉ、もうそんな時間か!と焦ったりします。


何だかとりとめもなく、作業もエンドレスな感じですが(^^ゞ、もうひと頑張り。

081118-01.jpg


「繰り返される 悲しいニュースが溢れる
誰かを傷つける為に
生まれてきた訳じゃないだろう

いつでも答えは 僕らのすぐそばに
大切な絆を 胸の奥に感じて
素直に愛を繋いでいけたなら
互いに信じあえる
その強さを 守り続けたい」

中孝介 「絆」

 

 
posted by Metal_NEKO at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

引き出しの中に

夜、納品で家風へ。
懐かしい道を、久しぶりに通りました。

様々な思いを抱きながら、いつも行き来していた道。
ある時は、思いに後押しされるように。
ある時は、思いを打ち消すように、駆り立てられるように。
その時々の思いや記憶が、道や景色にしっかりと結びついていて、いつまでも消えずに、心の中の引き出しに鮮明に残っているようです。


戻ってきてから、腐食液につけておいたプレートを取り出し、中和洗浄。

081115-01.jpg

こういう雰囲気、いいですね、大好きです。
今回は、屋外仕様のため、これからがっちり塗装するのですが、こういった表情、いつか何かの機会に、うまく使ってみたいと思います。

というわけで、こちらは、レパートリーの引き出しに、ストック。

081115-02.jpg


 

posted by Metal_NEKO at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

行けるかぎり

081114-01.jpg


 どこまでやろう?

  ぎりぎりまで、やれる限り。


納期まで、あと少し。



 どこまで行こう?

  できる限り、行けるところまで。



行こうと思えば、どこまでも行ってしまうような作業。
そんな作業に没頭していると、つい時間を忘れてしまいそうにもなりますが・・・。
どこまでやって着地するか、残り時間を考えながら、探っています。

 
posted by Metal_NEKO at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

試行錯誤

081110-01.jpg


試行錯誤の最中には、「失敗」というものはなくて、そのすべてが意味のある、次へのステップなのだと思えます。

あきらめさえしなければ。

 

ラベル:研磨 ステンレス
posted by Metal_NEKO at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

時間の密度

先月の中頃。

私 「月末まで、って、まだあと10日もあるじゃん。」
学生「もう10日しかないんですよ。」
私 「でもさ、10日って言ったら1週間以上もあるってことじゃん?」
学生「いや、1週間とちょっとしかないんですよ。」

月末までにやっておきたいことがあるのだけれど、難しそうだ、という学生と、そういえばそんな会話をしたなぁ、と、ふと思い出しました。


11月。

今年も残すところ、あと2ヶ月なんですね。

その2ヶ月を、どう捉え、どう行動するか。
それがそのまま、来年へと繋がっていくような気がします。

こういう時こそ、時間を計る尺度を、長さよりも、密度で考えるようにしていけるといいのかなぁ、と思います。そうしていきたいです。



それにしても、すっかり寒くなってきましたね!
昨日の暖かさが恋しくなるくらい、今日もまた日も差さずに冷え込んで・・・。
作業場でも、ついにストーブをつけてしまいました。

風邪を引かれた方、体調を崩された方、周りでも多くなってきたようです。冷え込みと共に乾燥もしてきているようですので、どうぞ皆様、お体にはくれぐれもお気をつけて。



081101-01.jpg


このくらいでも、日向が欲しいです・・・。
 
posted by Metal_NEKO at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

ものの気配

081030-01.jpg

ロボット製作中?・・・ではありません、残念ながら。
これも治具のひとつです。

治具があると、寸法精度をかなりきっちり揃えて作ることができます。
でも、図面上で寸法と形が決まっていても、実際のものの姿は、それだけでは決まらない・・・と、つくづく思います。

それだけではない、雰囲気や気配のようなもの。

測定してみれば、ミリにも満たないような差異にしかすぎないのに、まったく印象を異なるものにしてしまうもの。
それは、定規で測るものではなく、感覚で測るものなのでしょうか。

いつも言われる、「品の良いものを」との言葉が深く響いてきて、最初の姿が決まるまでには、何度も何度も試作を繰り返し。簡潔な言葉にこめられている、求められているものの計り知れない深さを、果てしなく探っていくような。


今度のものは、どう受け止めて頂けるのか…。やっぱりいつも、どきどきはらはらしてしまいます。

 
 
posted by Metal_NEKO at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

それぞれのスピード

081026-01.jpg


じんわりと、ゆっくりと。

今までの自分が体験したことがないような、その進み具合に、最初はとまどいつつも。
この方法に適したスピードを、ようやく呑み込めて、最近は受け入れられるようになってきたのかな、と感じたりします。


いろんなものづくりがあって、いろんな作業があって。
まるで踊るように流れるように作業できて、あっという間にどんどんできるものもある。
じっくりと手間と時間をかけて、ようやくほんの少しできるものもある。
それぞれに適した特性とスピードを知り、受け入れていくこと。そしてそれをより良く、より最適になるように伸ばしていく。


ものができていくことも、人が成長していくことも。
 

 続きを読む
posted by Metal_NEKO at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

夜の色、静けさ、の。

081025-01.jpg


塗装、と言うと、「昼下がり、よく晴れた空の下で」、なんてイメージしたくなるよう気がしますが。何となくですけどね。

でも、自分にとっては、実は夜の印象がとても強かったりします。しかも、屋内ですし。

下地処理から下塗り、上塗り。片面を塗ったら、ひっくり返すのは何時間後、とか。調合した塗料の可使時間が何時間だから、硬化してしまう前に全部済ませようとすると、作業工程をどうするか、とか。重ね塗りや次の作業、納期やら乾燥時間やら考えると、ここまで終わらせてから寝よう、とか。

そんなこんなで、決めた作業まで終わらせる頃には、夜半過ぎになってしまっていることが多い気がします。

作業のふとした合間、そして作業を終えたとき。
その静けさは、今しがた塗った色が吸い取っていったような。
隅々まで照らす蛍光灯は消せても、暗闇に灯した小さな明かりは落とせずに。
ふと辺りを見回して、何かを振り返ってみたくなるような。

そんな感覚、そんな印象が強いからかもしれません。

 
posted by Metal_NEKO at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal NEKO Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。