2009年12月31日

2009年は"結"、2010年は"澄"。

本当に、あっという間に大晦日。
2009年も、大変お世話になりました。本当にありがとうございます。

いろいろな出来事が重なり、慌しくもありましたが、大変充実した、心豊かな一年であったと思い返しています。


メールマガジンRyuzu[リューズ]の恒例企画、来年を漢字一文字で表すと・・・で、私が2009年の一文字に決めたのは“結”でした。

様々な仕事や活動を通して今の自分の“結果”を出していくことで、今までの結びつきがより強まったり、新たな結びつきが生まれたりと、
少なからず発展させていくことができたかと思っています。

そして、今年、何よりも大きかったのは、自分自身が結婚したことでした。

2009年は、まさに、“結”の字に象徴されるような、人生の中でも大きな節目となる、とても大切な1年となりました。



そして、来年、2010年。
2009年の結果を、次へと、確かな形へ結び付けていけるよう、更なる努力を続けていきたいと、改めて思います。


そんな来年に志したい漢字一文字。



“澄”



にしたいと思います。



これから自分が作っていくものの在り方や、仕事の方向性、関わり方や、自分たちの生活のスタイルや暮らしの在り方など・・・。
様々な事柄を積み重ねていくうちに、また、繋がりや広がりが増していくほどに、選択していくべきことも、また増えていくものだと感じます。

たくさんの物事やあり方、スタイル、意見・・・。
目を澄まし、耳を澄まし、心を澄まし、たくさんの中から浮かび上がってくるものを掬い上げるように、確かなものを選択していけるよう、研ぎ澄ましていきたいと思います。


それでは、みなさま、どうぞよいお年を!
来年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

posted by Metal_NEKO at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

人、一人。

昨日発売のモーニングに掲載されているバガボンドに、昨日UPした言葉と同じようなセリフがあって、ドキッとしてしまいました。
驚いて、嬉しくなるような偶然には、やはりそれぞれに意味のあることなのかもしれません。


それはさておき、先日、何年かぶりに健康診断を受けてきました。

学校や会社にいたころとは違って、自営業の身となってからは、健康診断も自主的に受けに行かなければならないため、ついつい面倒くさがって時間を惜しんで、受けずじまいで来てしまいました。

ここ数年は、特段大きな怪我や病気もせず、倒れたり寝込んだりもせずに済んできましたが、仕事や納期、やるべきことが重なる中で、今は倒れるわけにはいかない、と、プレッシャーをかけて、たまたま何とかやり過ごしてきてしまっただけだったのかもしれません。


結婚してから、いろいろな人に、「もう一人の体ではないのだから」と良く言われます。
ここ数年で、身内や知り合いなど、大切な身近な人々が相次いで亡くなってしまったり・・・。
体のこと、健康のこと、生きていくことなど、改めて思うことも多くなりました。


本当の意味では、誰も、誰かの代わりにはなれない。

誰もがただ一人、その人しかいない、たったひとつの体だからこそ、なおさらいっそう、「もう一人の体ではない」のだと、今、改めて思います。

091204-01.jpg


「時間」に対する感覚も、だいぶ変わってきたような気がします。

使ったり、費やしたり、というよりも、時間もまた、分かち合うものへと。

  
posted by Metal_NEKO at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

祝いの会

P1120455-s.jpg

素敵な場所、かけがえのない時間。
ずっと昔からの、気の置けない友人たちに、喜んでもらえたり、何故か悲しまれたり(笑)。

心温まる祝いの会は、本当に嬉しく・・・。
それぞれの、みんなの幸せも感じながら。
自分たちも、そんな風になれたらとも思ったり。

ありがとう、ありがとう。

P1120476-s.jpg



当日は、デジカメを持っていったのに、電池が切れていて、まったく写真がとれませんでした・・・(泣)。都電の駅のホーム内にある、不思議な雰囲気の素敵なお店でした。
みんなが選んでくれた、たくさんの贈り物、本当に嬉しく、感謝でいっぱいです!ずっと大切に使います。

 
  
posted by Metal_NEKO at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

「意味」

091108-01.jpg


もうすっかり前の話になってしまいましたが、先月パソコンがクラッシュしてしまったときのこと。

仕事関係のデータなどは、クラッシュする直前に別のハードディスク領域に移していたため、ほぼ無事だったのですが、メインのハードディスクが物理的にクラッシュしてしまっていて、そちらのデータは飛んでしまい、修復不能でした。

何より痛恨の極みだったのは、メールのデータがすべて消えてしまったこと。

それまで受け取っていたメールも、やり取りしたいくつものメールも、何年ものデータが、すべて。

偶然のように、重なるときには重なって、畳み掛けるような喪失感に、しばらく気力も力もすっかり失せてしまって、何も考えられずに呆然としていました。


けれども、また一から再構築しなおして、メールソフトを起動したとき。サーバーにまだ削除されずに残っていて、改めて受信トレイに届いた、一番古い日付のメールは、大切な方から最後に頂いたメッセージでした。


ひとつひとつが、ただただ、偶然に重なっただけのこと。
そう言ってしまえば、そうなのかもしれません。

偶然の重なり合い、積み重ねの中に、出会い、失い、連なっていくもの。
あらゆるものが必然のように、意味があることなのか。
偶然の結びつきには、意味など何もないのか。

あるのかもしれないし、ないのかもしれない。


本当のところは、決して分かりはしないのだとしても、それでも人は、そこに意味を探し出そうとする生き物なのかもしれない。

ふと、そんなことを思います。

捜し求め、見出そうとし、そこに何か意味を感じ取ろうとする。
そこに、「人」らしさを感じるような気もします。

だからこそ、人は人でいられるような気がします。

091108-02.jpg

 

posted by Metal_NEKO at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

重ねて

091104-01.jpg


091104-03.jpg

選ぶことを重ねて
たどり着く、今。
向かう、その先へ。
 
 
 
 
 
091104-02.jpg


ようやく、なんとか、衣装合わせ。
選ぶことも大変で難しいものですね。
まだまだ先は長いですが、でも結局は、ひとつひとつの積み重ねなのだと。

 
posted by Metal_NEKO at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

訃報

昨日の夜中近く、ちょうど仕事を終わらせようとしていた時に、鳴った携帯。「緊急に・・・」との留守電のメッセージに、妙な胸騒ぎを覚えて、慌ててかけ直した電話の内容は、信じられず、受け入れがたいものでした。突然すぎて、本当に意味も分からず、何も考えられず、何も言えず・・・。

人とのつながりをとても大切に、とてつもなくエネルギッシュに、様々なことを実行し、実現させていく方でした。
その人間性や行動力に、尊敬し、心を開いて信頼し、いつか自分もこの人と一緒に何かやっていけたらと、心から願う人でした。

この方が発行されていたメールマガジンを、最初に就職した頃から読み始めていました。
そこに紹介されていた言葉の端々から、仕事への姿勢や人生観、人間性など、教えられ、気づかされ、励まされてきたことは、数知れずありました。

仕事を辞め、新しい道に進むために学校に入り直すときに、メールでご報告をし、お返事を頂いたことがあります。
去年の夏に、実際にお会いすることができた時に、何年前のそのメールのことを覚えていてくださって、本当に驚いたことがありました。

最初のメールの後も、節目節目にメールで、1歩づつでも進んで行けていることをご報告させて頂いていたのですが、大げさかもしれないですが、この方に、このメールマガジンに出会っていなければ、自分の人生はまたずいぶんと違うものになっていたかもしれません。


最初にお会いした時、帰り際、お別れしてから、ずっと先の路地の角を私が曲がるまで、ずっと見送っていてくださったのが、とても印象深く鮮明に記憶に残っています。
私が展示会やイベントを行うときには、ご紹介してくださったり、ご多忙の中、会場にお越しくださったり、自分の仕事に対して、かけがえのない理解者であり、応援してくださることに、大変励まされ、力を頂きました。

ご自身が作詞とパーカッションを務められていたユニットのライブにも、何度も参加させて頂き、初めて妻と二人で参加したときには、ライブ終了後に、サプライズで曲をプレゼントして下さり、驚き照れてしまいつつも、本当に嬉しかったです。

実は、そのユニットで、私の作品や制作をモチーフに曲を作りたい、というお話を頂き、大変嬉しく、工房に遊びに来て頂くのも、楽しみにしていたのですが、ご多忙の中、なかなか日程が合わずに、残念ながら叶わぬままとなってしまいました。

今製作中のものも、作りながら、見て頂けたら嬉しいなぁ・・・と思っていたちょうどその時でした。


つい先日、最後にお送りしたメールがメールマガジンに掲載され、コメントでお返事を頂いていたのが、亡くなる日の2日前。
前々から、ご一緒に何かイベントを・・・、ともお話していて、ここ1年ほどは、本当に、そうしたことが自分の中で、大きな励みや目標にもなっていました。
会場の話などもメールをし、今の仕事が一段楽したら、本腰を入れて来年あたりには何か実現できるかも、してみたい、と考えていた矢先のことでした。


ご自身もまだまだお若く、まだまだこれから、実現されたいたくさんのことがあって、本当に、何もかにも、残念で悲しくて、やりきれない気持ちでいっぱいです。

メールマガジンという媒体や、またコンサルタントのお仕事や数々の音楽のお仕事など、数え切れないほどたくさんの人との関わりを大切にされ、たくさんの方々の様々な思いを受け止めては、何かを返してこられたのだと思います。
自分には想像もつかないほど、たくさんのことをこなされ、大変なご多忙の中、大切にしたいもののために、いつも全力で駆け回ってこられたのだと思います。

本当にお疲れ様でした。
本当に、ありがとうございました。


ずっと、受け入れようとしては心が反発し、分からないままですが、最後のご挨拶に、行ってきたいと思います。

 
posted by Metal_NEKO at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

踏み出せる一歩

090627-01.jpg


ここしばらくの間、懸案事項となっていたことが、仕事の方でもプライベートの方でも、ともに今日、偶然同じ日に、それぞれひとつの答えが出た、というか、わずかながらも前に進めたようで、ようやくほんの少し、ほっとしました。

今は何とも言えなくとも、後になってみれば、その時がひとつの節目であったり、転機であったと思えるのかもしれません。

今をひとつの節目や転機としたいと臨むことで、見えてくるものや、踏み出せる一歩もあるのかもしれません。

 
posted by Metal_NEKO at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

後半戦、スタート。

誕生日は、先月あっという間に過ぎ去ってしまいましたが、遂に四捨五入すると繰り上がってしまう歳になりました。(^^ゞ

自分の柱はしっかり持ちつつも、大切な何かや誰かのためには、自らを変えていけるような、そんなしなやかさや柔らかさも、これから身につけていければとも、改めて思います。

090508-01.jpg

画像は、お灸をすえての歪み直し。
うまくすっきり直った時は、やっぱり気持ちがいいものです。

最近は自分の体も歪み直しで、ストレッチなど、始めてみました(笑)。


そんなわけで(?)、いろいろ気になるお年頃ですが、三十路後半戦、スタートです。

 
ラベル:三十路
posted by Metal_NEKO at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

何かを買うとき

最近は、ほんと、買う前にずいぶん考えるようになりました。
本当に欲しいものなのか、本当に必要なものなのか、ずっと長く使っていけるものなのか・・・。

何度も何度も引越しを繰り返すうちに、あまりの荷物の多さにうんざりして、あんまりにも使っていないものが多いことに気がついてから、かもしれません。
大量生産・大量消費ではないものづくりを志してから、かもしれません。

ともかくも、そんな風に思い始めてからは、ずいぶん買うものが減りました。


欲しいと思うものは、ずっと心の中にあって、でもずっと探しているままだったりします。
一眼レフのデジカメも、本格的に欲しいと思ってからだと、もう5年くらい・・・。でも、いまだに買えてません(^^ゞ。

作品の撮影だとか、DMやパンフレットの入稿用の画像だとか、というと、やっぱりきちんと撮ったほうがいいのかな、と思いつつ・・・。今までは、グループの仲間に、一眼レフを持っていてちゃんと撮影できる人がいてくれて、本当に助かっていますが、でもそろそろ、自分も動けるようにしておいた方がいいですもんね。


何かを欲しいと思ってから、ずっとどこかで探していると、「その日」がいつかちゃんと訪れるようにも感じています。

あ、これだ!と思えるものに出会えるときだったり。
よし、今買おう!と思える時だったり。
これからずっと長い間、何十年、もしかしたら一生、ひょっとしたら、それ以上、長く長く、使っていけるような、付き合っていけるような、そんなものにめぐり合えたとき。

だから、結構迷ってしまう時は、あぁ、まだ買うときじゃないのかもな、と思うことにしています。


今のデジカメも、もうだいぶベテラン選手になってきました。
今気がつきましたが、このブログの写真も、たぶん前の時のブログも、携帯からの写メール以外は、最初から全部今のデジカメで撮影してたんですね!


それにしても、また昨日ちょうど、一眼レフのデジカメは、今が買い時だ、みたいな記事を読んでしまって・・・。う〜ん、また心揺り動かされる時が来てしまいましたね。(^^ゞ

 
 
ラベル:買い物
posted by Metal_NEKO at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

向かい合うことの形

昨日は、お引渡しの日でした。

自分の手を離れると同時に、ここから新しく日々の時が刻まれていく日。
嬉しく、幸福な、穏やかな春の日。

090116-01.jpg


お近くにお越しの際には、少し足を伸ばされて、川越にも行かれてみてはいかがでしょうか。

重厚な蔵造の町並みが残り、よく整備されています。
(画像は今年の1月の初詣の際に立ち寄った時のものですが、街路に電信柱も電線もないだけで、とても空が広く感じられるものですね。)

090116-02.jpg 090116-03.jpg


こちらに来てから、川越大師にも、折にふれ、よく行くようになりました。
開業記念日には、護摩祈願をして頂いています。


私もそんなに信心深いわけでもなく、作業場にも、神棚・・・というほど立派なものもないのですが、壁の鉄骨の上に、お札を祀っている場所があります。

朝一番に、作業の前。一日の作業を終えたとき。
外出の時。戻ったとき。

日々、手を合わせ、向かい合う場所。


手を合わせ、思い描くのは、報告と感謝。
達成できたこと。これからの目標。


日々の作業の目標と作業内容。
進み具合と問題点、反省点。
今後どうするか。解決策と予定、課題。

何だかミーティングか上司への報告みたいですね。
一人で、ですけれど。(^^ゞ


そして、一日の安全に。
この場所で作業できることに。
出来上がるものに。仕事に。
達成できたことに。

日々に感謝すること。

「誰か」には、伝えたくても伝えきれないような。
「何か」では、届けたくても届けられないような。

ただただ、在ることに。在り続けることに。
感謝すること。


作法や様式には遠く及びもしませんが、私にとって、そうすることは、深く向かい合うことのひとつの形なのだと思います。

 
[追記:続きを読む]
posted by Metal_NEKO at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

round and round

090129-03.jpg

シャッターを閉め切っていても分かる、外の様子。

一日中降り続く、強い雨。そして、一日中、前の通りは渋滞していました。

いつもは、朝と夕方の通勤渋滞くらいなのに、今日はまた途切れないなぁ、何でかなぁ、と思っていたら・・・。

あぁ、そうか、週末で、月末か

まぁ、もしかしたら、単純にどこか先で工事か何かしていただけかもしれませんが・・・。


まぁでも、とにかく、月末、というのがよぎって、あぁ〜、もう早いなぁ、と思ったんです。
で、「早いなぁ」と思ったその時に、また思い出しました。

先日、昔からの友人と交わしたメールの内容を。

大学の時の先生が、また一人定年で退職される、という話を聞いて。
何気なく私が思ったのは、その時もやっぱり、「早いなぁ」という感覚でした。

時は過ぎていき、変わっていくものだと。

でも、その時、その友人はさらりと、一言。

「時代はどんどんまわりますね。」と。



まわっていく。

さらりとそう言える感覚が、何だか素直に、いいなぁ、と思いました。

時はまわり、巡っていく


昔聞いた歌のような。
分かっていそうで、分かっているつもりで。

分かったような気になって、そしてすぐに忘れて。
本当には掴めていないような、悟りのような感覚。


素直に、さらりと、それが当たり前のような感覚で実感できるのには、自分はまだまだ、あとどれくらい深く人生経験を積む必要があるのだろう、なんてふと思いながら。


彼からもらった年賀状には、本当に彼そっくりな子どもの写真。

あぁ、そうか、きっと彼には、もう分かっているんだろうな。


時はまわり、巡っていく。

いつまでも、どこまでも。


何だかちょっと嬉しくて、羨ましく。
ずっと雨の音が聞こえていました。

090130-01.jpg 


 
posted by Metal_NEKO at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

「暖かさ」を感じるとき

今日はまた、冷えますね!
都心でも初雪を観測したらしいですが、こちらでも、夕方頃にしゃりしゃりと…ほんの少し、みぞれまじりに降っていました。これって、初雪・・・なのかな。

ところで、八ヶ岳の方にある学校へ行く時には、積雪や凍結が気になるので、天気予報をチェックしています。携帯の天気予報も、よく利用するのですが、そのコメントがちょっと興味深かったりします。

例えばこの間は、「さいたま」のコメントが、「日差しはあっても冬本番の厳しい冷え込み」というような内容だった時に、「松本」の方はといえば、「暖かな日差しにほっとする」というようなコメントが。
その時の「松本」の最低気温は、もちろん氷点下。最高気温でも、「さいたま」の半分くらいの気温しかなかったのに。

暖かさや寒さ、というのは、やっぱり感覚的な判断基準なのでしょうね。
地域によっても違うし、前後の状況によっても違うし、人それぞれによっても違う。
客観的に判断できるものでも、厳密に数値的に測れるものでもないような気もします。

081231_2019~01_s.jpg


さて、新年からは、少し間が空いてしまいましたが、年末年始は、私もすっかり、"おじさん"な感じでした(^^ゞ。

身の回りの友人知人からも、立て続けに、結婚のお知らせが重なって、びっくりもしました。おめでとう!とお祝いの気持ちも、嬉しくて心が暖かくなりますね。



「暖かさ」を感じるとき。

「何に?どのくらい?」、というのは、やっぱり、人それぞれ違うのかもしれませんが。

でも、確かに「暖かさ」に触れたとき。

その根底にあるものは、誰にとっても同じなのではないか、とも思えます。

その「暖かさ」を、心に抱くとき。

それは、限りなく分かち合えるもののようにも感じます。

祈り、祝い、願い。
確かな「暖かさ」を。
 
 
ラベル:暖かさ
posted by Metal_NEKO at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

年末のご挨拶&来年の漢字一文字

一年を漢字一文字で表すと。
有名なものは、毎年清水寺で大書きされる、「今年の漢字」ですね。
その年を振り返って、どんな年だったか、を漢字一文字で表わしています。


一年は一年でも、過ぎ去った年のことではなく、これからの未来をあらわしてはどうか。
来年をどんな年にしたいか。自分自身の意思で切り開く、目標。それを漢字一文字に凝縮して込めてみる。
メールマガジンのRyuzu【リューズ】で、毎年恒例で行われている企画です。

たくさんの読者の方が、それぞれの漢字一文字を決め、決意や目標、希望と共に表明されているのを読んで、今年は、自分の来年の漢字一文字、決めてみました。



自分にとっての2009年。
"結"にしようと思います。


今までの人生で、要所要所の節目は、だいたい3年周期で訪れてきました。
ちょうど今年から来年が、独立開業して、3年目。
自分なりに、これまでの活動を総括する年。
ここまで来た、という今の"結果"を出し、その先に、これから向かう先をびつけたいと思います。

“結”には、"結い(ゆい)"という言葉もありますね。
(繁忙期の農作業や茅葺屋根の葺き替えなど、近隣や地域の中での共同作業や相互扶助のことをいうそうです。世界遺産にもなった、白川郷の合掌造りの、あの茅葺屋根の葺き替え作業でも有名ですね。)
人と人との繋がりの中で、困難なことも、より大きなことも、互いに協力し合って進めたり、助け合うことができれば、とも思います。


自分の中に蓄積されてきたもの。
触れてきたものも、つかめたものも。
知り合うことのできた、たくさんの人たち。
自分の内にあるものも、外にあるものも。
今までも、これからも。
しっかりと"結び"、確かな形にまとめていくことを目指したいと思います。


あなたなら、来年は、どんな年にしたいと思われるのでしょうか。


それでは、皆様、どうぞよい年を。
本年は、大変お世話になり、ありがとうございました。
来年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

 
posted by Metal_NEKO at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

「善意の季節」

茂木健一郎さんが、ご自身のブログで書かれていた言葉が、とても心に響き、余韻のようにいつまでも残っています。
 イギリスに留学している時、クリスマスが「善意の季節」と呼ばれることを知った。普段は厳しい競争社会の中で懸命に生きている大人たちも、この季節だけは童心に返り、周囲の全ての人たちに対して善意のまなざしを向ける。寒空の下、人々の心は暖かく燃え上がる。
 現実が時に厳しいからこそ、サンタクロースは必要とされる。その仮想の由来するところに思いをはせ、しみじみとこの季節を楽しみたいと思う。


茂木健一郎 クオリア日記 2008/12/13 あたたかき冬 より引用
↑素敵な文章です。ぜひ読んでみて下さい。


「大切な人」たちのためにできること。
「大切なもの」を分かち合えること。

人に感じる大きさとは、その人が抱く「大切さ」の大きさなのかもしれません。

Merry Christmas !


ちょっと遅くなってしまいましたが、でも、思いや心は、期間限定ではないですもんね。
心に限りはないのですから。


どうぞ素敵な日々を、たくさんの大きく暖かな心と共に。
大切な方々と分かち合える、限りのない幸福を、お祈り申し上げます。


081225-03.jpg


あ、作業場にも届きましたよ!クリスマスの日に。

大きな・・・

 続きを読む
posted by Metal_NEKO at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

視点を変えた時に、生まれてくるもの

このブログでも時々ご紹介させて頂いている、メールマガジンのRyuzu【リューズ】
発行者のサトウタカシさんが、スナオさんと組まれたユニット、Tacio Canasのライブ&トークイベントがあり、先週末、海岸215スタジオへ行ってきました。

今回のテーマは、「スイッチャーを使いこなす 〜視点のスライドとチェンジ〜」

様々に視点を変えてみること、やっぱり重要だなぁ、と、改めて思います。先日も似たようなことを書きましたが、日々、一人で作業場にこもっての作業ですし、やっぱりちょっと特殊な環境なのかもしれませんしね。
だからこそ、よけいに、様々な方々の話を聞きにいったり、展示会や何かを見に行ったり。意識的に注意して、視点を変えてみる努力が必要だなぁ、と、最近強く感じたりします。

(あ、でも、そうでもしないと都心(!)に出かける機会もないっていうのもありますね。そういう機会を作らないと、開き直って「今日は休みの日!」ってなれないんですよね。月に一回くらいは、そんな日もいい…かなぁ、と。いい口実?かもしれません…(^^ゞ。)


別の視点で見直したときに、生まれてくるもの、ということについて、最近考えていたり、今回のお話を聞いて、また思い始めたことがあって。それはまた、実現できると面白いんじゃないかな、と。

サトウタカシさんが、いつかのRyuzu誌上で書かれていたコメントが、心に残っています。
「趣味でも、仕事でも、恋愛でも、時間を作り出すことこそ、情熱なのだと思います。」

わくわくするようなことを、いつも心に抱きながら、まずはしっかりと日々のことから進めていきたいですね。

 
posted by Metal_NEKO at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

心の水面(みなも)

080908-01.jpg


朝、目が覚めてから作業に取り掛かるまでのひと時。
最近、そのひと時の過ごし方を、前とは少し変えてみています。


心は湖のようなもの、と思うことがあります。
情報や知識、経験・・・、様々なものが、湖の中に流れ込み、投げ込まれていく。浮遊し、攪拌されて、沈んでいく。様々な出会いや感情が、堆積した古い記憶も引き連れて、舞い上がらせていく。


眠っている間に、脳は、昼間にインプットされた膨大な情報や体験を整理し、記憶しなおしている、という話を、聞いたことがあります。もうだいぶうろ覚えなのですが。


目が覚めた時の、静まり返ったような水面のような、そんな感覚。
水底に沈んだもののかたちが、手が届きそうなくらいに澄み切った水の中に、くっきりと浮かび上がってくるような、そんな感覚。


朝起きてから、作業に取り掛かるまでの、ほんのひと時。
最近は、少し意識して、過ごすようにしてみています。

今日作るもの。作るものの作り方。作業の段取り。今日一日のこと。
これから作っていきたいもの。試してみたいもの。やっていきたいこと。これからのこと。

書きとめて、繋いでは、また考えて。
浮かび上がってくるものを、すくい上げてみたいと願い。


わくわくする心は、明け方の光に煌く水面の波紋に似ている気がします。
また明日、一日を始めよう。




posted by Metal_NEKO at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

風の通り道

暮らしの中でも、仕事の中でも。
いろんな過ごし方があり、いろんなやり方があって。

いろんなものの中から、自分の体に一番合うやり方を探していくことは、
風が通り抜けていく道を探すようなものかもしれません。

こうかな?あ、これは合わないな。じゃぁ、こっちのやり方の方か?
試しながら探っていくのは、パズルのピースを当てはめていくのにも似て。

あぁ、これかな。そんな風にようやく自分の中にすっとなじんでいく時、
心地の良い風が、さぁっと通り抜けていくような感覚がします。

080902-02.jpg


posted by Metal_NEKO at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

出会う時間

前々からずっと、「ぜひお会いしたい」と思っていた方。
Ryuzu【リューズ】サトウタカシさん。

サトウタカシさんがパーカッショニストとして参加されていて、作詞も担当されているTwilight SYSTEMのライブが、先日、御茶ノ水であり、この機会にぜひ、と、聴きに行き・・・。念願かなって、ようやくお会いする事ができました。

お会いできて、本当に良かったです。
音楽もそうですが、人と人との出会いも、ライブで、というか、直接お会いして、言葉を交わすことが、やっぱり何よりなんでしょうね。
お会いしたいと思う方には、やっぱり会いに行かないと、と、改めて思います。


帰り際、サトウさんが出口まで見送りに来て下さって、路地を抜けて前の道路まで出た時に、あ、もしかしたら、と思って振り返ったら、やっぱりサトウさんが出口のところでずっと見送っていてくれて、手を振ってくださっていたのも、とても印象深く、心に残っています。

人との出会いを大切にする。
この方は、本当に大切にされているんだなぁ、ということが、いろんなところから、心から伝わってくる感じでした。そういうことを感じるのも、お会いしてこそ、という気がします。


メンバーの皆さんのMCも面白かったですし、音楽も素敵でした。
ライブなんて、ほんと、久しぶりです。

メンバーのみなさん、それぞれにお仕事でお忙しい中で、音楽活動に取り組まれていて・・・。いかに時間を作り、その時間を最大限に有効に使うか、ということが、本当に大切なんだなぁ、と、改めて感じました。
凄い方って、やっぱり時間の使い方も凄いですよね。


自分も、もっともっと、人と人との出会いを大切に、そして時間を大切に、行動していきたいものです。

posted by Metal_NEKO at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

新しい小さな命

080808-01.jpg


名実共に、“おじさん”になりました。(^^ゞ

posted by Metal_NEKO at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

一周忌

080728-01.jpg


080728-02.jpg

080802-02.jpg


過ぎ去ってしまうことはあっという間でも
伝えたいことはいつまでも語りつくせないから
ただ静かに微笑むことの意味を知る

posted by Metal_NEKO at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。