2008年04月15日

新年度

4月もあっという間に半ばとなってしまいました・・・。
いろいろとご連絡やご報告なども、しなきゃなぁと思いつつも、制作の方に集中しっぱなしになってます。

今日、久々に昼間に買出しに出かけたら、あたりは一面、鮮やかな新緑で溢れかえっていて、それだけで幸せ、のような(笑)。心地良く、気持ちの切り替えにもなったような気がします。


さて、今更ではありますが、4月といえば、新年度。

新しい生活が始まった人。仕事が新しくなった人。友達や知り合いから、いろんな便りも届きました。

私も今年度から、講師になりました。
中身はあんまり変わらないんですけれど、去年よりも、もう少し丁寧に、学生達と向き合えれば、と思います。

自分にできることは何か。それはずっと、考えていきたいですね。
自分はやっぱり、一緒になって考えていければいいかな、と思ったりします。

何かを作るというのは、思いを形にすることなんじゃないかと感じたります。
作る人の思い。使う人の思い。素材や物や、場所にも、思いのようなものがあるのかもしれません。
そんな思いの数々を、どうやったら形にしていくことができるのか。
いろんな可能性を持った学生達と、いろんな可能性を考えていけたら何よりです。



posted by Metal_NEKO at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

形見分け

080202-01.jpg 080202-02.jpg

きっと誰が見ても、そこに価値を見出すのは難しいようなもの。
何の変哲もない、昔々に使い古された、ごくごく一般的な日用品。
古道具屋でも扱ってもくれなさそうな、どこの家庭にもありふれていたもの。

でも、自分にとっては、特別な意味を持つもの。
「私にとって、アンティークの価値は、オークションでどれだけの値がつくか、ということではなく、そのものにまつわる思い出の価で決まります。」

自分が、今のこの道を志そうと決めた、きっかけになった言葉。
ことあるごとに引用し、紹介してきた、堀口すみれ子さんのこの言葉の重みを、でも今になってようやく、心から実感しています。


結局、自分が目指していく「もの」づくりとは、それを使ってくれる人が、そこにその人の大切なものを乗せていくことができる「器」づくりのようなものなのだと。


それを、最後に教えてくれたのかもしれません。
posted by Metal_NEKO at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

Metal NEKO 帰宅部

今朝、移動中の交差点で。
信号待ちをしているお母さんが、だっこしている赤ちゃんをあやしていました。

何か歌っているように、あやしては、しっかりと抱きしめて、またあやしては、ぎゅーっと優しく包み込み。
繰り返し、繰り返し、あまりにも愛おしそうに抱きしめる姿が素敵過ぎて、何だか目が潤んでしまいました。


帰り際のライトの先に、ほんの少し、雪が舞いました。
あなたのところには、雪は舞いましたか。

posted by Metal_NEKO at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

寒中お見舞い申し上げます

080106-05.jpg


今度の冬は、寒暖の差が大きいような気がします。
冷え込みが厳しくなったかと思えば、また急に暖かい日が続いたり。

作業場の環境(笑)や、あちこち移動が多いせいで、余計にそう感じるのかもしれません。

どうぞ皆様も、体調を崩されませんように、お気をつけて。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

posted by Metal_NEKO at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

Shape up, step up.

080104-01.jpg


順序があれですが、今日は、川越大師・喜多院へ、初詣に行ってきました。

また護摩祈願をしてもらったんですが、正月三が日を過ぎたからか、朝一だったからか、特に並ぶこともなく、スムーズでした。
でも、さすがに本堂の中は、もういっぱいでしたね。

やっぱり、護摩祈願、身も心も引き締まる感じです。


そういえば、昨日は棚卸もすんだので、帳簿も〆て確定申告用の決算、ひとまず終わらせたんですが・・・、あれも引き締まりますね、別の意味で(苦笑)。

うわ〜ぉ(冷汗)、っていう。


引き締めて、引き締めて・・・、さ、今年も頑張りまっす。

_______________________________

【追記】
題名の"Shape up"、日本語でシェイプアップ、引き締めるという意味のつもりで使ったんですが・・・、ふと気になって調べなおしたら、英語の"Shape up"にはそんな意味はなくて、「好転する,調子が出てくる」という意味になるんだそうですね。

あ〜、そうだったんだ・・・。

間違えて使ってしまいましたが、ま、別の意味で、それならそれでもいいのかもしれませんね(苦笑)。

posted by Metal_NEKO at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

思う、ゆえに・・・。

アメリカで、93年ぶりにクリスマス・カードが届いた、というニュースがありましたが・・・。

先週、私のところにも。

0701216-01.jpg

ずっと昔の、子供の頃の私が書いた、祖母への手紙。

祖母の品々を整理していたら、大事にしまってあったのが見つかったそうです。

確かに自分が書いているのですが、自分でもまったく思い出せないような、手紙。
「いつまでもながいきしてね。(100さい。)」

手紙を書き、宛名を書くその時にも。
送る時にも、届くまでのその間にも。

手紙を受け取るその時にも。
読み返す、そのたびにも。

その人のことを思う、時間があります。
思う「時」を、手紙が届けてくれます。
posted by Metal_NEKO at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

エネルギー

071123-05.jpg


「何か」から「何か」へ。

内側に渦巻いている、いろんなエネルギーが、「何か」から「何か」へと伝わって、「何か」を「何か」に変えていく。

渦巻けば渦巻くほど、そのエネルギーをうまく流れに乗せていきたい。
沸き立てば沸き立つほど、その熱をうまく伝えたい。


「何か」から「何か」へ。
遮ることなく、閉ざすことなく、遠ざけることなく。
流れるように、伝えるように。

続きを読む
posted by Metal_NEKO at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

フィールド・オブ・ドリームス

「フィールド・オブ・ドリームス」
今までの人生の中で、一番多く、何回も見た映画です。


農業を営む主人公、レイ(ケビン・コスナー)は、ある日トウモロコシ畑の中で、どこからともなく響いてくる声を聞きます。

"If you build it, he will come."

その声を聞き、ある確信(幻想?)を抱いたレイは、貧しいながらも生活の糧であったトウモロコシ畑をつぶしてまで、野球場を作ってしまいます。
彼とは?そしてまた、次々に聞こえてくる声に従っていくうちに・・・。


私が見たのは、確か高校生くらいのときだったと思います。
ケビン・コスナーが、一番格好良かったとき(笑)。

当時は長い長い反抗期の真っ盛り。
けれども、このラストのシーンには、何度見ても必ず涙してしまい、何度も何度も、繰り返し見続けていました。

当時はビデオテープだったので、しまいにはノイズが入り、音は割れ、感動のシーンでも、音楽はプルプル震えていましたが、それでも繰り返し・・・。

続きを読む
posted by Metal_NEKO at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

いつでも、どこでも。

071010-10.jpg



出会うものは皆、何かを教えてくれる。
出会うことすべてから、学ぶことがある。

その大切なことを、
積み重ね、織り成していく。

命ある限り。
それが、僕らのように。


posted by Metal_NEKO at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

層・想・添・創

071007-07.jpg 071007-08.jpg

時を経てきた「もの」に心惹かれてしまうのは、
時と共にそこに積み重ねられてきた「もの」に思いを馳せてしまうから、
なのかもしれません。

071007-11.jpg 071007-10.jpg

posted by Metal_NEKO at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

原風景

先日、学校で建築系の特別講義があって、興味を惹かれるテーマだったので、ちょっとお邪魔してみたのですが、面白かったです。

その講義の中で、自分にとっての原風景をプレゼンする、というのがあったんですが・・・。

私の原風景。

突然そう言われて、戸惑いつつも、ふっと思い浮かんできたのは、祖母の家と、そこから見える景色でした。

070922-02.jpg


幼い頃、「ウルトラマンの基地」だと教えられて、ずっと信じてしまっていた(笑)気象衛生センターの塔も、いつもみんなで除夜の鐘をつきに行く、お寺の鐘つき堂も。

幼い頃からは、代替わりしているような気もしますが、でもやっぱり、感じる景色は変わらないものですね。
景色を見て感じること、でしょうか。自分の中で、その景色に繋がっているものが、呼び覚まされる感覚。

ここでの思い出、ここで感じてきたこと。
それはやっぱり、自分の中にある大切なものの根っこの方に、しっかりと繋がっているのだと思います。

070922-03.jpg
 

今日が、祖母の四十九日でした。

続きを読む
posted by Metal_NEKO at 22:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

美しい人

泣かないで 美しい人
その涙は 輝きへのステップ
微笑んで 美しい人
その涙は けがれなき君を語る
 
そばにいて 美しい人
その全てが 優しさへのステップ
微笑んで 美しい人
その涙を守り続けたい ずっと

<平井堅 [美しい人] より引用>

帰りがけの車の中で、ふとかかったこの曲を聴いて、(この歌そのものの意味とはまったくかけ離れているのですが、)お見舞いした祖母の姿がぴったりと重なって見えてしまいました。きっとこれが、祖母へのメッセージなんだな、と。それが先週の頭のことでした。


その祖母が、先週末、他界いたしました。94歳の大往生でした。

週始めにお見舞いに行ったときに、「また週末に必ず会いに来るから、待っててね」と約束したのを、もしかしたら、聞いてくれたのかも、と、今になって思ったりもします。


祖母は、日本舞踊の先生をしていましたが、6歳の頃から踊りの世界に入ったということは、先日になって初めて知りました。
それから88年。誇り高く、気高く、最後の最後まで、芸の道と自らの信念を貫き通した生涯だったそうです。


私の実家は、祖母の家から歩いて行けるくらいの近いところにあって、祖母が踊りの稽古の日には、母が代わりに作った食事を届けに、子供の頃の私も、よくお使いに行ったりもしました。

夏も、冬も、春も。休みの時には、孫たちはみんな、祖母の家に遊びに行くのが大好きで、楽しみでした。

孫たちにとっては、暖かく大らかに、いつもどこかから笑って見守っていてくれる、限りなく優しく、美しい人でした。


本当は、ひとかどの人間になり、ひとかどのものを作れるようになって、安心してもらいたかった。
結局ふがいない私は駆け出しのままで、「今仕事頑張っているから。これからずっと、この道で頑張っていけるから。たくさん心配かけたけど、もう大丈夫だから安心してね。」と言うのが精一杯でした。

でも、これからも、ずっと、笑ってどこかから見守ってくれているような気がします。


おばあちゃんの孫に生まれてこれて、本当にありがとう。
それが何よりも嬉しく、幸せでした。
またいつか会える日まで、お休みなさい。

その日までには、少しは「ひとかどのもの」、作れるようになっているように、精一杯頑張っていきます。



追記:
祖母の亡くなる前日に、知り合いの方の旦那様が亡くなられた、とのご連絡を頂きました。重い病での、長い闘病生活をされてのことでした。
お二人で、駆け出しの私のことを大変応援してくださり、それが励みともなり、心から感謝をしておりました。
心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

posted by Metal_NEKO at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

日常

070724-01.jpg


懐かしい場所へ。
新しい道を辿って。

目標をひとつ、またひとつ、
新たに重ねて。

まだ知らない道を繋げて、
いつもの場所へと。

日々はいつもどこか新しく、
連なるようにすっと馴染んでいく。


続きを読む
posted by Metal_NEKO at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

たぶん、そんなときの空

070615-01.jpg


抱えてきたものをひとつ、手放した。


posted by Metal_NEKO at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

嬉しいこと

そういえば・・・。
ついこの間、友人のおめでとう!なビッグニュースがあって、自分もとても嬉しくなりました。

今週末は、古く長い(?)友人の結婚式へ。
嬉しいことが、重なるような。

いろんなことがあっても、やっぱり嬉しいことって、いいですね。

いろんなことがあるからこそ、なのかもしれませんね。
嬉しさを感じることも、それを大切にしたいと思うことも。

たくさんの嬉しさを見つけられたら、そして重ねていけたら。
より幸せを感じられるのかもしれませんね。

posted by Metal_NEKO at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

新しい相棒

納車の日。別れの日。
なんとなく腰が重くなってしまいました。

なかなかつかない踏ん切りをようやくつけて、新しい車を受け取りに、自動車屋へ。その場になってしまえば、さすがにあっけないくらいあっさりと・・・、今までの車は引き取られていきました。切ないながらも、本当にお疲れ様、ありがとう、という気持ちです。


さて、新しい車の方は、挨拶もかねて、まずは、新しい車の安全祈願で、川越大師 喜多院へ。

070520-01.jpg



ところで、川越大師と言えば、「角大師と豆大師の門札(かどふだ)」というものがあります。

ちょっと日本離れした文様のような、不思議な姿が描かれている護符です。何だか宇宙人のようにも見えてくる姿が面白く(?)、何か気になって、というのか、気に入って、と言ったらいいのか。私も作業場の入り口に、お守りとして貼っています。

070520-03.jpg



今までの車と新しい車では、大きさもタイプも相当違うので、運転の際には、やっぱりなにかと戸惑ったり違和感を感じたりもします。
今までの車くらい、感覚的にも体に馴染んで走れるようになるには、まだまだ時間がかかることなんでしょうね。
でも、走り具合はとてもいい感じです!ギアチェンジの時も、思っていたより軽々とスムーズにつながるので、走りも意外と、感覚的に軽々と感じられます。

さぁ、これからは、新しい相棒で、仕事、フル稼働!・・・できるように、頑張らないと(笑)。
posted by Metal_NEKO at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

最後の夜

最後の夜。
どうしたらいいのか、よく分からなくて、作業場の中へ・・・。

070518-02.jpg 070518-01.jpg

この車との、最後の長距離ドライブは、学校への行き帰り。
音楽もラジオもなく、自分ひとりと車一台。いろんなことを思い出し、いろんな思いを噛み締めて。着いてしまうことを先に延ばしたくなるような夜の道でした。

そんな今回は、何故だかいつもよりもすこぶる燃費がよく・・・。
「まだまだ走れるよ、どこまででも行けるのに」と言われてしまったような気分・・・。

ごめんなぁ。


10年以上かけて、この車が、私をここまで運んでくれました。

いろんな思いや言葉や感情が、ぐるぐる廻って。
最後には、やっぱり。

ありがとう。

ありがとう。

本当に、ありがとう。
posted by Metal_NEKO at 01:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

感謝と祈り

友人達が、畑を始めた、というので、覗いてみました。

070505-01.jpg


自然有機農法で農業を、と、研修に行ったり、学んでいる、というのは聞いていましたが、いよいよ実際に始まったのを見て、ほんと、すごいなぁと思います。

自然を相手に、向かい合う。

とてつもなく大変なことなんだと、素人ながら思いますが、しっかりと向かい合うからこその、喜びがあるのかもしれませんね。

070505-02.jpg 070505-03.jpg

蒔く種、育てる野菜。
希望を聞かれて、私もリクエスト。
小豆とか、枝豆とか(笑)。

070505-05.jpg 070505-06.jpg

せわしない身の回りを、あっという間に過ぎ去ってしまった春が、今、ここでは真っ盛りでした。

070505-04.jpg

向かい合うこと。
自然と向かい合うと、祈ることと、感謝することは、同じことなのかな、と、最近思ったりします。

posted by Metal_NEKO at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

光の影

070415-01.jpg


言葉が見つからなくても


posted by Metal_NEKO at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

心から

沖田世寿さんの、「ボクハココニイル」という詩集を読んでいます。
PHP研究所より2002年6月発行)

中土井鉄信さんが発行されているメールマガジン、 「考えるヒント・今日の言霊」で、沖田さんの詩のひとつが紹介されていたのですが、著者のプロフィールがとても気になってしまい・・・。それから検索をして、この詩集に辿り着きました。)


繰り返し、繰り返し、読んでいます。
読み返しては、思い。
思っては、願い、また読み返しています。


伝えたくて、届けたくて、大切な思い。

posted by Metal_NEKO at 20:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 微笑みの後に渡る橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。