2008年07月23日

繋ぐ

080723-01.jpg


途切れてしまわないように


posted by Metal_NEKO at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

支え

今日はどうも、車も多いし家族連れが多いなぁ、と思っていたら、連休で、しかも学校はもう夏休み!なんですね。
そんなことを、渋滞にはまりつつ思い出しながら、今日は納品に行ってきました。

080720-04.jpg


お客様が、10年近く使われてきた木のテーブル。もともとは、韓国の民家で、餅を作る時に使われていたものなのだそうです。とても愛着があり、気に入っていらっしゃるテーブルを、より使いやすい高さにしたいとのご依頼を頂き、テーブルの足の部分を制作しました。

080720-01.jpg 080720-02.jpg

お客様の希望を形にする仕事。喜んで頂けた時が、やはり自分にとっても一番嬉しく、幸せな時です。
そして、お客様がその「もの」と共に重ねられてきた豊かな時が、これからまた末永く、新たな彩りを重ねて続いていくことを願って。何かその支えとなれるような、控えめな手助けとなれるような。そんなものづくりを、自分の中で、もうひとつの大切な仕事の柱として、目指していくことができれば、と、改めて思います。

080720-03.jpg



続きを読む
posted by Metal_NEKO at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

最後のピース

作業場での作業をすべてやり終えてから、納品や施工の直前までが、実は一番心が落ち着かない時だったりします。

それは、どれほど作り上げても、どれほど経験を重ねても、作り手の自分では、最後まで決してはめ込むことのできないピースがあるからなのでしょう。

080706-01.jpg 080706-02.jpg

誰かのための、何かのためのものづくり。

その場所で。お客様が。
最後にはめ込まれる、一番大切なピース。
その瞬間。そして、そこから始まるもの。


そこからが、作り手にとって、一番幸せなとき。
これからも、ずっとそうでありたいと、しみじみ思います。

それが、自分のスタイル、と言えるのであれば、とも。


続きを読む
posted by Metal_NEKO at 19:07| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

次のステップに向けて

更新しようしようと思いつつも、長々とご無沙汰してしまい、すみません。

OZONEでのイベントを終えてからすぐに、打ち合わせや新たな制作へと、張り切って取り組んでいるうちに、あっという間に、6月になってしまいました。

おかげさまで、Metal NEKOの作業場も、今年の夏か秋頃までは、当面の間、フル稼働になりそうな気配です。


いろいろと書きたいこと、ご報告したいこと、UPしたいことなど、いろいろとあったんですが、更新の間が空いてしまいました。
それは、何となくですが、今はまた、自分なりのペースやスタイルを新しく組み変えていっている最中だからなのかもしれないな、と感じています。

今年の夏には、また少し、ひとつの区切りをつけ、気持ちの上でも、もう一歩、踏み出していく予定です。Metal NEKOの開業がステップ1、ステップ2がForm for.の企画なら、今年の夏はステップ3へ・・・という気持ちでしょうか。
また、その時が来たら、改めてご報告したいと思います。


Blogはまたもう少し、気軽な感じで更新していければとも思いますので、また気長にお付き合い頂けましたら幸いです。
どうぞ宜しく、お願いいたします。


遅まきながら、イベントの際の画像を、いくつかご紹介しておきます。

Formfor0805-01.jpg

Formfor0805-02.jpg Formfor0805-06.jpg

Formfor0805-04.jpg Formfor0805-05.jpg

posted by Metal_NEKO at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

耕木杜さんのお仕事[須田帆布さん]

阿保昭則さんの耕木杜さんが施工された、須田帆布さんのつくばの直営店。
いよいよ4月18日にオープンするそうです。
須田帆布さん 公式ホームページ

耕木杜さん 公式ホームページ

私も耕木杜さんよりお仕事を頂いて、フックやバーなどの金物を制作させて頂きました。(実は、昨日も追加のフックを作ったところです。)


須田帆布さんの素敵なかばんと、耕木杜さんの本物の空間。2Fにはカフェも併設されているそうです。

先月末に内覧会があったそうですが、残念ながらいけずじまい・・・。
OZONEのイベントが終わって落ち着いたら、私もぜひお伺いしたいと思っています。かばんもちょうど、お気に入りのものに出会えないかと、ずっと探しているんですよね。

ご興味のある方、また、お近くにお立ち寄りの際には、きっとお勧めかと思います。



そうそう、阿保さんといえば。



大工が教えるほんとうの家づくり

私も購入したのですが、まだ読めていません・・・。
でも、こちらも、お勧めです。ぜひ。
(表紙写真の住宅でも、金物、使って頂いています。)





posted by Metal_NEKO at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

プロトタイプ

080311-01.jpg 080311-02.jpg

どんなことにも、
区切りはあっても終わりはなくて、
節目はあってもまた始まって。

いつも、この瞬間に。
いつも、続いていく。

080311-03.jpg 080311-04.jpg






posted by Metal_NEKO at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

必要なことを

目に見えることも、目には見えないことも、
見えやすいことも、見えにくいことも。
必要なことを必要だからと、大事にしていけたら。

080227-01.jpg

(あんまり関係ないですけれど、さっきの仕上げ、基本を思い出させてくれるような、いい黒になりました。)
posted by Metal_NEKO at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

違和感

080213-01.jpg 080213-02.jpg


新しく何かを作ろうとする時、作っている時。
夢の中でも、ずっと考えていることがあります。
明け方に頭は覚めても、目は覚めずに、ずっと考えていることがよくあります。
目は閉じたまま、形を思い描き、どんな構造にしたらいいのか考えて、どうやって作ったらいいのか、手順を辿って。

そうそう、それだ!そうだ!そうしよう!!

そんな風に跳ね起きる目覚めは、本当に気持ちがいい。


・・・でも、いつも、出来上がる頃には、どこかに何かしら、違和感があったりするものです。
確かに一度は見えたように思えたものと、実際に目の前に作り上げたものと。
何かを見つけて目覚めた時の感覚とは、何かが違う感触に戸惑うような。

それは、どこがどう、とも、すぐに言葉で言い表せるようなものでもなく。

まるで、いつもどこにも、完璧なものはないとでも言うように。
そんな、いつでもどこかにありつづける、何とも言いようのない違和感。

でも、ほんのかすかにでも、違和感を感じられたなら、それは一体どこから来るのかと考えられるし、それならどうするか?次は?と、考えていくことができるのかもしれません。

目の前にある実物(現実)を受け止めて、飲み込んで。
確かな答えのない問いを抱いて、確かな答えのない答えを探して、先へと進んでいけるのかもしれません。

posted by Metal_NEKO at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

引き出しを増やして

080210-01.jpg


やってみないと分からないこと、やってみて初めて分かること。
自分の中にはなかったもの。自分だけでは出てこなかったもの。
いろんな人と関りあうことで、自分を越えて引き出されてくるもの。

そういうものが必ずあって、それが次に繋がっていったり、その先へと広がっていったりするのだと思います。

そんな刺激がたくさんあって、何かがどんどん増えていくように、やってみたいこと、作ってみたいものがだんだん増えていく感じが、ここのところ特にしています。

けれども腕(技術)も時間も、まだまだ足りないものだらけのように感じてしまうのは、それこそ努力もまだまだ全然、足りてないからなのでしょうね(反省)。

今年は、実現したい目標が具体的にいくつか定まってきました。
まずは春の目標に向けて。
できることからひとつづつ。
けれど、あまりひとつだけにとらわれてしまわないように。
そうして、できることをひとつ、またひとつ、増やしていけるように。


posted by Metal_NEKO at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

繋げて、重ねて。

今日は納品に行ってきました。

自分が携わっている仕事の中にも、いろんなタイプの仕事がありますが、どんな仕事でも、相手に喜んでもらえて、使ってもらえる時が、何よりも嬉しい時だと感じます。

相手の喜びに、自分の喜びを重ねられるような、そんな仕事を、これからも、ますます。そのために。

080122-01.jpg 080122-02.jpg

080122-03.jpg 080122-04.jpg

posted by Metal_NEKO at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

日々に向かい合わせてくれるもの

最近、気がついたら、すっかりお茶派になっていました。
うん、まぁ、何気にお茶の有名どころだし、お茶もおいしいものだし、というのもあるんですが、一番は、例の「茶筒」のせいのような気がします(笑)。

何か飲もう、と思ったときに、つい、手が伸びてしまうんですね。茶筒に。すっと手の中に納まって、つい蓋を開けたくなる茶筒。で、結局、その流れのまま、「あぁ、お茶ね、お茶」という感じで、お茶を入れてしまっています。

たった一つの物がきっかけで、気がつけば、ライフスタイルがちょっと変わってしまうかのような。

ちゃんとしたものは、人を引き寄せてくれるのかもしれません。
使いたい、と思うように、使わせてくれる。
さりげなくそこにあるようなもので、振り返ればライフスタイルの中で欠かせない確かな一員になっている。
特別なものでも、特別なことでもなく、日々の生活の中で、きちんと向かい合ってくれるもの。


後輩が、今度結婚すると連絡をくれて、ふと、もしお祝いに贈り物として何か作ろうと思ったら、と考えていました。

以前は、そんな時の贈り物、というと、何か特別なものを、などと考えてしまっていたりもしたのですが、だんだん変わってきたような気がします。
今だったら、きっと、贈りたいものは、日々の生活の中で、使ってもらえるもの。さりげなく、でもちゃんと向かい合えるもの。

それはきっと、日々暮らしていくことに、きちんと向かい合わせてくれるもの。


そんなものが、自分に作れるだろうか、と。
そんなものは、どんなものだろう、と。
そんなものを、作ってみたい、と。

今、思っていたりします。


080120-02.jpg


うむむ・・・、今回はちょっと、ゴツめになっちゃったかなぁ・・・。
posted by Metal_NEKO at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

良いお年を

071231-01.jpg


喪中につき、年末年始のご挨拶は控えさせて頂きます。

・・・なんですが、ちょっと寂しすぎるのもなんですしね。


皆様いつも本当に、ありがとうございます。
これからもまた、一歩一歩励んでまいります。
どうぞ末永く、宜しくお願い申し上げます。


そういえば、松下幸之助さんの随筆に、こんな言葉がありました。

年があらたまれば心もあらたまる。心があらたまればおめでたい。
心があらたまったとき、それはいつでもおめでたい。
毎朝、心があらたまれば、毎日がお正月。
あらたまった心には、すべてのものが新しく、すべてのものがおめでたい。

  (松下幸之助:著 [道を開く] PHP研究所:発行
  「日々是新」の項から、抜粋して引用いたしました。)

今日を新しく。
明日も新しく。
いつも心をあらためて。


皆様も、どうぞ良いお年を。

続きを読む
posted by Metal_NEKO at 14:17| Comment(4) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

I wish your happiness.

071224-02.jpg


posted by Metal_NEKO at 23:24| Comment(4) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

三段活用

そういえば、もうずいぶん前に、「動きのあるものを自分も考えてみている」と書いていたのを、覚えている方、いらっしゃるでしょうか。

合間合間に、試行錯誤してみたんですが、さてそれがどうなったかというと・・・。

あ、まだ途中ですけどね。最初、こうで・・・。

071207-06.jpg

シャキーン。ってやると、

071207-05.jpg


で、シャキーン。

071207-04.jpg


照明用アーム、3段活用(笑)。
最後の段階で、もう一箇所止め具つけたら、4段活用になります。


・・・・「折りたたみ家具」、という課題の主旨からは、外れてしまったような気がしないでもないですが・・・(笑)。

071207-02.jpg


・・・ま、いっか。


ここからまた何か、応用していけそうな気もしますね。
posted by Metal_NEKO at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

ハカリ

071022-01.jpg


込めたものと、込められるものと。
ココロの尺度で、ハカル、オモイ。


posted by Metal_NEKO at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

楽しいこと、面白いこと、嬉しいこと。

そういえば、9月の始めに、学校で学園祭がありました。
準備期間中にはほとんど行けずじまいで手伝えなかった私でしたが、前日と初日だけでも何とか、と、参加してきました。

毎年恒例で、工房体験をやっているんですが、今回なぜか、子供達にず〜っとからまれっぱなしに・・・。
そのうち、「卒業したのに何で学校にいるの」とか言われてしまいまして。う〜ん(笑)。「何でだろうねぇ」、などと、意味もなくはぐらかしつつ。


まぁ、そんな訳で、今年の春から週に1日、学校に行ってます。あ、助手で、です(笑)。


入学式の挨拶の時に、「一緒になって考え、共に学んでいければ」というようなことを言ったんですが、学校に行って、学生と接していると、ますますそんな風に、強く思えてきます。

金属工房は、私が学生だった頃とは、すっかり様変わりしていまして。
ところ変われば、勝手も違ってくるので、戸惑うことも多かったのですが、郷に入っては郷に従え。まずは自分が0に戻して・・・、といった感じで、前期はあっという間でした。


070914-01.jpg


↑こちらは、前期中に、サンプルとして制作した、掃除用具掛け。

タガネで切る、とか、裂き通しとか、いわゆる西洋のロートアイアンの基本技法のようなものって、私は今までやったこと、正直なかったんですよね。
金属工房のもう一人の助手の方は、ロートアイアンの一流どころの工房に勤めていたので、いろいろと教わりながら・・・。技だとかって、ほんと、百聞は一見にしかず、ですね。なるほどぉ、とか、そうだったんだ!とか・・・。凄いなぁ、って、感心することばかりでした。

今まで知らなかったこと、出来なかったことが、少しずつでも出来るようになっていくのって、楽しいものですね。

まったく違うようなことでも、いろんなものを、吸収しつつ、咀嚼しつつ、そこからまた何か、自分を新しくしていけるといいな、と思ったりします。それもきっと、楽しいこと。



後期に入ってからの2年生の課題は、「折りたたみ家具」。こういった、大きな動きのあるものも、今まで考えてみたことも、作ったこともそういえばなかったですね。(せいぜい、蓋が開く、とかくらい)
で、私も一緒になって可動部の構造だとか、どう動くかとか、動いた後で固定する方法だとか、考えてみているんですが、これが・・・何だか凄く、面白そうです。ついつい、自分の方が夢中になってしまいそうな(苦笑)。

自分で考えてみる。考えて、試して、また考えてみる。そういう時って、面白いなぁ、って感じませんか?



で、助手の仕事というと、工房での実習関連だけではなくて、他から頼まれて、道具や備品的なものを作ることもあります。

今日、合間を見ながら、ささっと作っていたのは、「え?そんなものまで作っちゃうんですか?」と、学生に言われてしまうようなもの。
でも、やっぱり、必要だから作る、っていうのが、原点なんだろうなぁ、って、改めて思います。
誰から必要としているものを、その人のために、その用途のために作ることが出来たら・・・作り手としての自分にとっても、それはとても、嬉しいことだと感じます。



楽しいこと、面白いこと、嬉しいこと。

バランスよく、揃ったら。

そんなものづくり、目指してみたいものです。


070914-02.jpg 070914-03.jpg


(※ちなみに、一番手前のフックは、学生に「作ってみたら?」と言って出来てきたもの。どこからこんな形が生まれてくるのか・・・そんなことも面白く、刺激にもなります。)

posted by Metal_NEKO at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

時の距離

070709-01.jpg

過ぎていく時は早く、
過ぎていった距離は長い。


posted by Metal_NEKO at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

探して、探して。

誰もがみんな、何かをずっと探し続けていくように。

070610-01.jpg

相変わらずかもしれませんが、でもやっぱり、ずっと一生、探し続けていくんでしょうね。


続きを読む
posted by Metal_NEKO at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

こういうことなのかな

鉄は冷たい…?

鉄に触れる機会が、加工作業の方が多いと、何だかそうは思わなくなっていたりするのかもしれません。

作業の時は、皮の手袋をしていますし、主な加工は大抵熱していますから、むしろ熱いものだと…。

でもそれはやっぱり、作業している時の話なんで、実際「もの」として使うときには、ね。しかもこんな冬の時期にはなおさら…。

というわけで。

061214 026-s.jpg

持ち手に革紐を巻いてみました。
こちらはMetalなNEKOの方の頼まれ物で、ちょっと長めの靴べらです。

持った感じや使い勝手は結構いいんじゃないかな、と思います。
形的にも、最近いろいろ悩んでいたのが、するっとすとーん、という感じ(???)で、あ、こういうことなのかもしれないなぁ、と自分的にちょっと納得。

でも、初めての革紐巻き。
・・・これでいいのか?う〜ん・・・。
端が・・・端の処理が・・・。もうちょい何とかしたいなぁ・・・。


posted by Metal_NEKO at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

見えてくる「こと」

例えば、それは、
「何か」を、繋ぐために。

例えば、それは、
「何か」を支えるために。

060801-01-s.jpg

これからの自分にとって、大切にしていくべき「事」が、少しずつ、「具体的」に見えてくるかのような、「象徴的」な、もの。
posted by Metal_NEKO at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Metal -NEKO- Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このblogのTopへ戻る

ランキングに参加しています。 1日1クリックでランクアップ!
投票&応援して頂ければ、嬉しい限りです。
ありがとうございます!!

blogrankingbanner_deka.gif
にほんブログ村 工芸ブログへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。